FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭を剃っても俺は俺

2013年08月31日 21:16

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。
あー、書くの忘れてましたが、わたくし、なんと12年ぶりに髪型変えました。
ええ、僕を知るしとは「ああ、ロン毛でパーマに髭ね」っつーイメージが強ぇと思いますが、凄いんだ、こりが。

五厘刈り。

なんでかっつーと、自動車免許を取得しねーとまともな事務職にすら就けねーんで、それまでの繋ぎとしてバイトを探してたんですよ。
でね、いくらホラ吹いても、職歴と年齢からすぐ辞めるっつーのを見透かされるんすよ。
で、いずれ店でもやった時に役立つだろーと思い、店の窓にしか求人出してねー焼き鳥屋で働こうと刈った次第です。
まあ、床屋行った日の午後にホテルの仕事が決まったわけですが。

 僕が函館に引っ越してきた直後、道を覚えんのにカミさんとよく散歩してたんですが、すれ違うしとじとは僕のことを凝視するわけですよ。てか、カミさんが「みんなすごい見てるよ」と教えられて気づいたんですが。
でね、ガキんちょからは「パイレーツ・オブ・カリビアン!」とか言われたり、ホームレスから「おい、かぁっこいいなぁ」と冷やかされたもんです。
んなわけで、心機一転、凝視されない風貌になるぞ、と床屋に行きました。勿論、1000円のとこな。

「すんません、五厘にしてください」
担当したネーチャンはバリカンのアジャスターを最短にして刈りました。
「このくらいですか?」
「あー、もっと短く。お勤め帰りみたいな感じで」
「ああ、なるほど」

てか、これで通じるっつーのも、どーゆー男とつきあってきたんだっつー。
ネーチャンはアジャスターを外して綺麗に刈ってくれました。
「旋毛が二つあるんですねー」
そーです。僕ぁうずまき二個あるんです。
「イチローと同じなの」
「天才じゃないですかあ」

「いや、変態の間違い」
「...。あ、似合いますよ!」

かくして別人になった僕ぁ、これで誰からも注目されんぞ、と思い店を出ました。
ほいだらですねえ、ガキどもから今度は「ダイ・ハード!」とか言われるし、カミさんから「少林寺!」と言われる始末です。
一応、スキンヘッドは印象悪いんで、その後伸ばしっぱにしてんですが、髭も伸ばして歩いてたら「竹中直人!」と言われました。
ともあれ、僕はどーやっても僕なんだと誇らしい気持ちになると同時に、まともな職に就けるか不安になってきました。あと、絶対、犯罪者になれねーと。実名も見てくれも珍しいですから。
でもね、頭皮も皮脂が多い体質ですから、快適ですね。これからは「実家が寺でして」と面接に行こうと思います。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://soulkitchen03.blog130.fc2.com/tb.php/746-654fc015
    この記事へのトラックバック



    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。