FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若死に体質と自殺体質

2011年12月17日 21:16

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。
あー、なんだか最近「俺、生まれる国間違ったんじゃないか?」と思うよーになりました。(「アルカイダ」だの「カトマンドゥの売人」呼ばわりされてきて今更だな。)
漁村育ちで、お魚大好きな僕ぁ、外食しなきゃならんときは焼き魚定食とか食いたくなるんですが今じゃおっかなくて食えやしねーっつー。
なので、必然的に材料が日本産より海外産のが安い素材の料理屋(当たり前だが、現地で食うより遙かに高い上、味も日本人に合わせてある。)に入るんですが、ご当地のスタッフがいる店は何故か他の客より僕に優しくしてくれるのです。
ええ、大体、中東とかパキスタン、ネパールあたりの料理屋ですが。
この前なんか、初めて入ったのに、他の客は「美味しかったです!」とか愛想ふりまいても「アイガトゴゼマシタ!マタ、ヨロシク」くれーなのに、僕だと、厨房から総出で「Good night!オヤスミ!」とか言いながら送り出されたっつー。しかも、一人は歌ってたし。
食事中もこっそりビール一缶持ってきたり、サービス良すぎだろ、と。
こっちも「Namaste,so much thank you!good night!」(「ナマステ=有り難う」ではなく「有り難う、貴方がたの心に幸あれ!おやすみなさい!」のニュアンスで。)と応えて店を後にしました。
中東レストランだと「お、俺をムスリムにしようってのか?」とびびるとこですが。

 人間、よっぽどナルシストじゃねーかぎり、洗顔後の顔しか鏡で見ねーわけですが、先日出演したイベントで客が僕をかなりの枚数写真に撮っとりまして「俺、こんな顔してんの?」と思いました。
光の加減や、特に横顔が、色黒だったら日本ともインド・ネパールとも中東とも分別がつかんもんだったので。
「こりゃ米英がイランやシリアと本格的に揉めたらアメリカとか行けねえぞ」と。
でも、人里離れたとこで自給自足が夢だった僕にとって「そうか、無人島にこだわる必要もねえな」とも思いました。
今は日本国内をだまくらかすよーな原発による東電が発表した海洋汚染の数値計算ですが、いずれ太平洋に面した各国から「どうすんだよ、これ!」と責められると思いますから。

 そういや、原発関係で思い出したんですが、先日採血したら白血球が基準値を超えてました。
僕ぁ過去にその倍のスコアを叩き出して「急性白血病かもしれません!」とか言われたことがあるんで驚きませんでしたが、敢えて医者が触れねーのに違和感覚えましたね。初診なら一言あるような数値だったんで。
平均より強い心臓、丈夫な肝臓、肺活量の僕ですが、原因不明の体調不良が数年に一回あって精密検査する前に治っちゃってることがあるんで、僕ぁ父方に流れる若死にの血がそーさせるのかと思ってますが。
まあ、粋なもんにかかれば人より丈夫なもん持ってても、忘れた頃に急死したり大病患いそうですが。

 老後のライフワークにしよーと思ってましたが、いつ死ぬかわからん状況になってきましたんで、両親の血筋を遡った小説を書いてみたいです。
僕ぁ北海道出身です。北海道に住んどる人の殆どは、色んな土地からやってきて今に至っとります。
僕んちは父方が北陸、母方は九州です。
市井の家柄がどうのっつーのはつまらん話ですが、興味深いのは「何故、住み慣れた土地を捨てて移住したのか?」っつー点です。
僕の故郷なんか人口六千人に満たない辺境の地ですから、開拓云々じゃねーです。
あと、前述の僕にも流れとる血に隠されたもんですね。こりに重点を置きすぎると中上健次っつー気合いの入ったしとがいましたからかなわんですが。
父方は美男美女薄命、母方は頑強な体なのに自殺癖があります。全員がそーじゃねーですが。
事故死と教えられてきた母方の縁者が皆自殺と知ったのは数年前ですが、現代のように「死にきれない可能性あり」や「楽に死のう」じゃなく「理由もわからんし、何故、幸せな時期に、確実に死ねるものの覚悟が必要な方法を選んだのか?」っつーのは不気味です。
僕だけじゃねーでしょーが、死にたくなるこたぁあるわけでです。
でも、何事も上手くいっとるときに自殺っつーのは考えたこたぁねーですね。あるのは「生きるのが辛い」と思ったときくれーですから。
そーゆー、血筋がなーんで辺境の土地に根を張ったのかっつーのは小説というより、個人的に興味があるのです。
今春、親父が亡くなったとき、祖父が養子になった家の爺様に「何故、こんなところに住むために故郷を捨てたのか?」と聞いたところ「わからん」と答えられましたんで、これはテメーの足を使って北陸と九州に足を運ばねばならんな、と。

 僕ぁセンズリストですから、小説にしたところで「この公募に送ってみよう」とか思ってねーですが、明確な理由がねーのに移住っつーのは面白いテーマです。
母方は武家がルーツなんで、明治維新がきっかけだそーですが、父方は理由がわからんですから。
最大の謎は、双方の血筋から、なんで僕みてーな黒羊が生まれたか?ですが。
マジで、なんで一日は二十四時間なんすかね?旅行に行くわけじゃねーんで、事前に色々調べたり、自治体に確認してーことが仰山あるのに間に合わねーっつー。
ついでに音楽活動もしなきゃいけねーという。
僕の脳みそもPCみてーにマルチコアにしてくれねーですかね。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://soulkitchen03.blog130.fc2.com/tb.php/689-e7401d67
    この記事へのトラックバック



    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。