FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Because...

2011年09月20日 04:17

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。
あー、窮鼠猫を噛むと申しまして、現在本州に上陸すると一気に加速する予測がたっとる台風15号ですが、当初は「ああ、今月初旬の12号の小型版か」と甘く見てたら知らねーうちに発達しとるっつー。
雨雲が集まり出したあたりで「和歌山と大阪震源の微震(ロシアの地震予測サイトが当てていて驚いた。)もあったし、これ、関西ってか、紀伊半島大丈夫か?」と思ってましたが、僕が住んどる神奈川県もなんだか、えれーことになってます。
ヘッドフォンして作業してたから雨音に気付きませんでしたが。
僕、建設業界にいた頃、河川の治水工事に携わってたことがありまして、色々勉強になったことがあったり、想定外の作業所内水害(河川の工事は河の半分を堰き止める等の状況で行うため、安全対策の万全性が求められる。)にも遭いましたから、雨の怖さっつーのが染みついてます。
ビンボーなこともあるんですが、長年引っ越してねーのは「水は魔物だ!」と刷り込まれたから平地で水害があっても死なないよーにしとるからです。
かなり辺鄙なとこに住んでますが、高台にあって建物自体しっかりしとりますし。

 洗脳っつーと聞こえは悪ぃですが、感覚の麻痺っつーのはおとろしいもんで、東日本大震災と福島第一原発の事故がありつつ、世間様は平常運転なんで大ニュースになってねーですが、今夏まで起きた国内外の災害は例年なら、「一体何が!?」の連発っつーもんすよ?インドからネパールにかけての地震だって、ミャンマーとタイを跨いだ地震みてーに以前なら起こりっこねーとこですもん。
更に複雑な地形もあり、被害をまだ完全に把握できてねーですし。
んで、たまに脳裏をよぎるんですが、亡父や祖父が言っていた平和ボケ教育を受けた僕を嘲笑ったことあれこれです。

「冬山で火も起こせるようにならんと死ぬぞ」

「一日ネズミを半分食えたら生き残ることができると思った」

等々。

当時は「何をバカな。いつの時代の話だよ」と聞き流してましたが、今になってみりゃ「死にたくなかったら、そんくらいの覚悟が必要だな」と思っとります。
てか、雪山とかで火を起こすくれーは身につけとくと世界のどこ行っても死ぬこたぁねーですよ。
僕ぁ南茅部の生まれですからね。放射性物質にはまいりますが、強いんです。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://soulkitchen03.blog130.fc2.com/tb.php/664-356158d1
    この記事へのトラックバック



    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。