FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神風ならぬ神高気圧

2011年09月01日 01:27

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。
あー、今年は驚かされっぱなしです。
えー、前回の記事で「台風の進路に戦慄を覚えるが、何も俺が帰省する日に関東に到達するとは...」なんて書きました。

なんすか、この進路予測の変わりっぷりは?

いえね、漁村育ちなんで、関東か房総半島あたりを直撃するのを確信してました。
なんでかっつーと、北海道は道東沖にガッツリ高気圧が居座っておりまして、そいつの日本から離れる速度が台風12号より速ぇ上に、弱まると一気に台風が関東目がけると思ったからです。(前回の記事を書いたあたりで、やや東海地方の進路予測だったと記憶しているが、同時に高気圧が去っていくような気象図だった。)
んで、起床したら「予報ですから外れることもあります」な気象庁は、高気圧が居なくなると予想しとったのかほぼ予測進路に変化無しです。
が、アメリカが軍事向けに観測してるもんを一般公開しとる予測は西にズレとりました。
妥当なルートで東海地方から、もしかすると中部地方からっつーもんに見えました。(実際、非公開のものもあるのか、一般公開しているものはアバウトな画像だ。)
で、諦め気味に気象図を見てみたら、道東沖にある高気圧が再び発達しとりました。
んで、確か昨夜は無かったはずなんですが、九州と中国大連付近の中間に高気圧が存在しとりました。
過去12時間の動きを再生すると、朝鮮半島あたりで発生した高気圧が中国大陸沿岸に鎮座するのが見られました。
つまり、居なくなるとみせかけた道東沖高気圧とその高気圧に阻害されて、台風の進路は西にズレてくしかねーっつー。

 今日、帰宅したら気象図がユーラシア大陸にも高気圧が発生しとり、南下するよーな配置になっとりました。
台風は上陸せんでも沿岸部に高波や暴風、大雨をもたらすもんですが、ちょっと高気圧軍団に頑張っていただいて、日本沿岸部に甚大な被害が出るとこまで来ないうちにウロカラウロカラさせて温帯低気圧になってほしーもんです。
よく、台風がくるとわくわくする輩がおります。僕もそーいった気がありますが、今年から今後数年は「単なる台風被害じゃおわらんから」と考えております。
大体ですよ、東日本にどんくれー放射性物質が局地的に降下した地域があるか完全に把握できてねーのに、「よかった、西日本在住で」と思っても、前述のとーり上陸しなきゃどーなるか見当もつかんわけで、下手すりゃ西日本にも拡散させる可能性だってあると思います。
でも、やっぱ高気圧の間を通過すんでしょーなぁ。
日本海に抜ける際、新潟あたりを出口にしたら米がなぁ。あと、先日の大雨で地盤とかもヤバイと思うんで、まさかの上陸しないでブーメランを期待しとるとこです。
大体、こうも気象庁や米軍、各団体の予測がばらけとるのは、やっぱ東日本大震災で日本全体が若干移動したからでしょーか?だって、元々北海道と本州は陸続きでマンモスが歩いてたんすよ?
マイノリティですが、陰謀論を支持するしともおりますが、んな、大陸分断なんてキチガイじみたことが太古に起こってる以上、「ここまで地球全体をどうにかできるなら宇宙侵略もできるがな」と思います。

 僕が帰省する日は、早朝から大雨っぺぇんで、明日っつーか今日、起床して用事足したら、気象図見て空港近くのビジネスホテルに泊まるか、ネカフェでエロDVD観るか検討するとこです。
ただ、一番心配なのは、深いながら実家から半径40~60kmは離れとるとこが震源になっとる微震が起きとることです。
そろそろ故郷にいた頃より離れてからのが長くなりつつありますが、故郷の友人でも「そこが揺れたのは初めてじゃないか?」と。
別に「いやー、実家はええがね...がぁぁ、地震だぁぁ!」はネタに出来るんですが、そこ震源でデカイの来ると泊原発がヤバイんすよ。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://soulkitchen03.blog130.fc2.com/tb.php/651-a1113747
    この記事へのトラックバック



    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。