FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Extreme

2011年08月17日 17:19

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。
あー、今日はお仕事お休みでしたんで、昨夜の酒抜くのと毎日最低10kmは歩くか走るのが日課なんで、炎天下の中、晩飯の食材やらを買いに行きました。
で、「ぬぉぉ、オージービーフが高騰しとるじゃないか!そら開き直って同じ値段の国産牛食うわな...今日は玄米に納豆と梅干し、玉葱の味噌汁にすっか」と、偽物のビールと焼酎に使うウーロン茶やミネラル・ウォーターだけ買って、計10kgはあるスーパーの袋を両手持って歩き出しました。
アホです。定期あんだから電車使えよっつー。

 流石に汗だくでうつむきながら自宅近くまで来て、すれ違った兄ちゃんが喚き出しました。
僕ぁてっきり、ミネラル・ウォーターと偽物ビール入り袋が当たったと思い、「あ、ごめんなさい」と謝罪一言、また歩き出しました。
僕ぁ基本的に暴力は嫌いですから、謝って済むなら謝ります。
が、兄ちゃんはまだ喚いてます。
「おい、コラ、しばくで!ああ!?」と。
流石にハートに火がつき、日頃体幹がぶれないように、かつ、同じ角度でジャブを打ちながらジョグってますんで、「果たして、ジョギングの自己流フォーム矯正がどれだけ実践で通じるか?」と試したくなるもんです。
とはいえ、ドドドド田舎のヤンキーの武勇伝自慢みてーな顛末はつまらんので、瞬時にジョン・クリーズのことを思い出しました。

 僕、よく「演技派俳優目指せば良かったのに」と言われるんですが、んなもん興味もなけりゃ、演技っつーのは日常で培うもんだと思ってます。
日本じゃモンティ・パイソンより映画俳優として有名なジョン・クリーズは、モンティ・パイソンで世界的に有名になる以前は、公衆の面前で故意に奇行を行い、その反応を見て演技に使うかどうか考えていたそーです。
「コレだ!」と。
僕ぁ、両手に持った荷物をボトっと落とし、熱中症防止に巻いてあるターバンと寝不足でプチ二重になった汗だくの顔を不気味に揺らしながら、自然な感じで眼差しは近くにいるご婦人の日傘を横取りして目ん玉突くよーにして、ニヤニヤしながら「”しばく”ってどこの国の言葉?」と近づいて行きましたら、違うしとを指さし「じ...ない!ア、アイツや!」と狼狽しだしました。
恐らく「じぶんやないねん!アイツや!」(お前じゃない。アイツのことだ。)と言いたかったんだと思いますが、日焼けして中東な髭面なキチガイっぺー奴が寄って来たんで、暴力じゃなく、もっとヤバイもんを感じたんだと思います。
格好がつかなくなった兄ちゃんはそそくさと去りましたが、僕は心の中でガッツ・ポーズをしました。

「やった!俺の演技力と風貌はエクストリームだ!」と。(また、びた一文にもならんことで。)

なお、格闘技ファンの目から「ああ、コイツは口先だけだ」と分析したからで、いくら細くても骨格や筋肉見て「これでボコボコにされたらたまらん。てか、それもネタになるけど痛いの嫌」なら、肩掴まれて「待てコラ!」と言われない限り無視の方向でしたが。(強気を助け、弱気を挫く性格は変わってないな。)
しかし、因縁つけられてたしとはダッシュで逃げてきましたが、「おお、世界のヒーロー!」と本物のビールくらいお礼してくれてもええじゃないっつー。
とはいえ、芸を磨く機会ができて良かったです。
僕、TVから一時姿を消した頃の江頭2:50とか、俳優で大御所になる前にシュールなコントしてた竹中直人が憧れなんで。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://soulkitchen03.blog130.fc2.com/tb.php/642-892e01d5
    この記事へのトラックバック



    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。