FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心配事は当たったが、内容は斜め上を行っていた。

2011年08月02日 17:48

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。
あー、日本に限ったことじゃねーですが、今年の世界的な異常気象やら災害は例年の比じゃねーです。
アメリカなんか熱波が南部から内陸部に移動したと思ったら、パパイヤだったかからサルモレラ菌でゲリピー。ほいだらまた干ばつがやってきたっつー。
僕もゲリピーです。
昨日の健診でバリウム飲んだら排出されず、暴飲暴食と下剤を追加したおかげで明け方からチキン・バター・カレーな色した下痢です。
チキン・バターを召し上がるときは僕を思い出してください。もしくはカシューナッツ入りのチキン・カレー。(汚い嫌がらせだなぁ。たまげたな。)

 今日は午前中までピーピーしてたんで、ぐったりしたこともあり予定していた外出は控えて引きこもってました。
えー、僕ぁいくら頭おかしいっつっても、自称超能力者や予言者っつー電波なこたぁ思ってません。
が、なんとなーく「今年は八月が勝負だ」と思ってました。
いや、色々根拠はあるんですが。
まず、地震。
国内だけじゃなく海外からも「一年以内に東日本大震災の最大余震が必ず来る」みてーなことを指摘されてたんで、「天災っつーのは安心したり軽微なもんに慣れた頃に来るんだよな」と、過去の人生で安心してたら落とし穴が繰り返しな僕ぁ思いました。
んで、そりが大体八月か、と。
ほいだら、予想通りどころじゃねーです。
「新潟って東日本だけど、原発事故の被害も少なそうだし、うらやましかな」と思ってたら「この雨雲の発生の仕方はなんですか?」な水害が襲いました。
新潟の長岡市や三条市が甚大なんで忘れられがちですが、距離的に福島県とは呼べねー会津地方も被害があり、新潟・福島間の路線が寸断されちまいました。
んで、予想してた地震がやってきたんですが、こりが最大余震じゃなく、色んなとこで起こりだしたっつー。
あんだけプレートが動いたら修復するために微震が頻発すると聞きましたが、昨夜の静岡震源の地震は、結局予想されている東海大震災のプレートよりも深いとこで起こったそーですが、以前から思ってたとーり本番が来たら死にますな。
速報は震度2でしたが、体感震度は3くれーでした。
微震が起こる=エネルギーを放出しているから大きめのはしばらく来ないっつーのもどーでしょーか?
不安を煽るわけじゃねーですが、地震とは無縁と思ってたとこが結構な震度で揺れてますんで、東北沖に余震が来ると見せかけて予期せぬとこでドカンと来るんじゃねーかと勘ぐります。

 もう一点、「これは絶対ぇ、盆明けあたり隠蔽してたことをなんか出すだろ。台風も立て続けに来るだろうし」と原発関係で勘ぐってたんですが、やはり僕のよーな凡人の斜め上を毎度行きますな。
福島第一原発の一号基と二号基を結ぶ配管付近から毎時10シーベルトを超える(計測機器が10シーベルト以上計測できないため、正確な数値は不明。)放射線を出している箇所を瓦礫撤去中に発見っつーニュース。
こり、最初NHKがテロップを間違って10000ミリ・シーベルトを10000シーベルトと出してしまい「コラージュか?」とネット上で情報が錯綜しました。
今朝の朝刊の一面で報じられたんで、「10シーベルト超を計測」がガチネタだと確信しましたが。
因みに、こっそり「もう一箇所、同じくらいの放射線だしてるとこありました」っつー続報を出すのは相変わらずです。
毎度、市井の僕らにゃどーすることもできねーんで「おい、これどうすんだよ?」っつー。
最低でも10シーベルトを屋外で計測って、通称「象の足」と呼ばれるチェルノブイリの燃料が固まったもんのミニチュア版が飾られてるよーなもんです。
「象の足」は確か80シーベルトを現在も放出しており、数秒で死に至ることから目視した人間は死ぬと言われとります。
で、結局、今回見つかった付近に目印をし、鉄板等で囲うことにしたそーです。
僕ぁてっきり、瓦礫の下にイカしたもんでもあったのかと思ったら、配管周辺から放射されとるっつー。
報道じゃ「ベント(3月にメルトダウン後に行った作業と思われる。)の際に外部に出たものが付着云々では?と見ている」でしたが、こりは明らかに嘘でしょ。
先日、立て続けに起こった東北での地震でなんかあったか、再臨界が起こったりしてんじゃねーかと。

 放射性物質についてや、飛散等については「神経質なんだよ」と日常で話題に出すと笑われるんで、こっそり色々調べてましたが、ここにきてこの報道は「放射線って種類と影響だけで、距離や風向きがどう影響するかまで調べとらんかった。なんという騙し討ち」と思っとります。
因みに最低で10シーベルトでもモロに浴びたら確実に死にます。
事故当初、「そこまで酷かったら、もう目に見えて影響出てるでしょ」と、一蹴されがちだったものの、ほぼ的中しとった小出教授によると「10シーベルトを超える放射線は鉛も防護服も殆ど役に立ちません」だそーです。
そら、「どうすんべ?マンパワーで移動させたらバタバタ死ぬし。...ケージに入れて様子見っか」になるわなっつー。
んで、いい案配に台風が来てんだ、これが。
僕が心配してたのは、強風型の台風が中部から東に上陸して、飛散した放射性物質を全国展開させることだったんですが、今回の件がどう影響すんのか素人の僕じゃわからんです。
わかるとすれば、「まだなんか隠してるだろ」っつー半ば勘ぐりくれーです。
以前触れた、悪の巣窟なイメージが離れねー経産庁にいながら清廉派の古賀氏が、「自宅だけ停電にされた」とか「自宅前にハシビロコウの死体を置かれていた」っつー、映画『ゴッド・ファーザー』ばりなことをTwitterだかで暴露してたニュースもありましたが、日本ブラックすぎだな、と。
まあ、宰相がアレで公安のトップもアレですからねぇ。
んなわけで、現在、日本の日常は「人間いついかやるときどいなるか、だな」な僕みてーに頭おかしいしとか、「放射能?チェルノブイリみてーになってないじゃん」(数年後まではな。)っつーしとに大雑把に分かれとると思います。
どっちも耐性がついてます。強いて加えるなら、前者は「これからどう生き残るか考えたり、行く末を見てくのもいいじゃない」っつー覚悟がある程度あることですが。
なので、僕ぁ現在海外にいるギ装置Rに「オマエ、もう日本に来んな」と私信しました。
まあ、世界のどこにいても何が起こるかわかりませんが、朝刊の一面飾っときながら、日常のニュースの千本ノックでニュース・サイトなんかは既に過去記事まで遡らねーと読めねーですから。
先月は、「原発関係の隠蔽を明らかにした裏でこっそりヤバイ法案を通すんだろ?」と毎度の展開を予想しとりましたが、ここまで少しも予想できねーとは、やはり僕ぁ凡人ですな。
(発端は中曽根だが)自民党が原発推進してたじゃないか」なんて意見をよく目にしますが、麻生&一服盛られたような会見で名前を汚した故・中川のタッグが遙か昔に思えるのです。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://soulkitchen03.blog130.fc2.com/tb.php/631-b148c7e9
    この記事へのトラックバック



    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。