FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫嫌いで動物好きの僕。

2011年07月22日 18:44

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。
あー、獣医の知人からメールしてもろうたチェックリストに沿って、実家のお袋どんにニャンコ先生の状態を確認したところ、恐らく夏バテとここ半年のストレスによるもんじゃねーかっつー予想に至りました。
一応、猫飼ってるしとも閲覧しとるかもしらんので、書いておきますが、嘔吐、特に胃の内容物じゃなく胆汁で、水すら飲まなかったり下痢を繰り返すとヤバイそーです。
岡山からやって来たくせに、北海道のカラッとした夏日でも洗面所のシンクで昼寝するくれー暑さに弱い奴なんで、ここ最近の急激な気候の変化でバテたっぽいです。
あと、去年末から亡父の定期入院(抗癌剤の副作用で骨髄の遺伝子が破損したため、輸血と電解質の水分補給。)の頻度が多くなり、亡くなる前の入院がいつもより長かったんで、かなりのストレスだったんだと思います。

 しかし、猫でも犬でも不思議です。
雑種でも賢いのもいれば、血統書付きでもバカなのもいます。特に猫は人間と同じく大脳新皮質があるんで、雑種でも人間味あふれる奴もいます。
犬は飼えるよーな環境じゃなかったりであまり知りませんが、犬も好きです。
よくどっちかが好きなしとはどっちかが嫌いっつー傾向があるみてーですが。
実家にいるのはロシアンブルーですが、よくあるペット自慢ブログで見られるよーな高貴な風貌じゃねーです。嫉妬はしねーですが、良質な血統のはマジで見事な肢体で感心します。
ウチのはよくスイマー体型と呼ばれる脚が短くガッシリした血統です。
因みにこの種、モデル体型とスイマー体型とではブリーダー価格が倍以上違います。(ペットはなんでもそうだが、ブリーダーから譲り受けるべき。ただ、悪徳な輩もいるため、可能なら繁殖環境を見学、不可能ならネットで徹底的に調べてから。)
別に品評会に出場させるつもりもなかったんで、写真で「お、元気そうだな」と思い譲ってもらいました。
ほいだら、予想どーりスイマー体型に育ったんですが、とにかく臆病。んで、頭が良い。

 猫は嫌いな奴がいると近くに現れません。
こりは、子供が対象になりがちです。
理由は、可愛がってるつもりが、嫌がってるのに追っかけたり尻尾掴んだりするからだと思います。
ウチのは、一人でも猫に憎しみを持ってるしとがいると隠れます。
猫に好意を持ってたり、腹黒くねーしとだと初対面でも体を擦りつけて挨拶をします。
実際、腹黒い叔父が実家に一週間滞在したときなんか、餌が無くなっても絶対姿を現しませんでしたから。

 ちょっと驚いたのが、飼い主の親父が亡くなってから、二階にある昼寝部屋に居たんですが、死にそうな顔でぐったり丸まってたことです。
んで、告別式が終わった晩、叔父夫婦が居間に雑魚寝しとるっつーのに、トコトコ二階から下りてきました。
僕ぁてっきり運動不足解消か、餌か水でも無くなったのかと思っとりましたら、親父が身につけていたジャンパーやらを掛けてある僕の寝床にきて必死に臭いを嗅いどりました。
ほいだら、部屋を出て仏壇がある部屋の前で三回鳴きました。ロシアンブルーは滅多に鳴きませんので、ちょっとびっくりしました。
んで、また二階に戻ってきました。

 叔父夫婦が帰ってから、お袋どんが急性肺炎で入院しとることもあり、親父が亡くなるまで殆ど寝ねーで付き添ったり、葬儀の施主や諸々の手続きの疲れが一気に出ました。
んで、仏壇に供物を上げてニャンコのトイレ掃除や餌やりをし、家の掃除をしてぐったりしとると、ニャンコが「遊んでくれよ」とやってきます。
僕ぁ、疲労とストレスで急性歯周病で顔面が変形してたこともあり飯も食えませんでした。
んで、「俺ぁ疲れた」と声に出すと、ニャンコは「ふぅくぅん」と鳴き、「元気出せよ」と頭を擦りつけてから傍でごろ寝して滑稽なポーズをするのです。
P1001211.jpg
トイレに立つと僕の足下を走り回って「オマエは犬か」な仕草をするんで、仕方なしに遊んであげると「中々楽しかった!またの機会だ、THANX!」と昼寝へGo!です。
まるで、一発ヌイてスッキリした上に煙草を手にベッドから出ていく男のよーです。
んなわけで、シーシェパードみてーに「鯨や海豚は頭が良いんだ!獲るな!」と大義名分の下、テロ行為を行うよーなのとは別に、ペットは大切にしましょー。
飼う、飼ってるならね。飾りやステータスじゃねーですから。
ペット=人間様の勝手な思いこみで実は虐待っつー理屈も違うと思います。
なお、お袋どんは猫が好きじゃねーです。でも、体調を崩すと泣きそうな声で電話してきます。
まともな神経なら、世話しとると自然と愛情が湧くっつーもんです。
リスだって愛情込めて飼うと人間の言葉を理解できるんすから。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://soulkitchen03.blog130.fc2.com/tb.php/623-3c910180
    この記事へのトラックバック



    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。