FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Messiah Will Come Again

2011年07月09日 16:42

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。
あー、遂に原発事故前の解凍精肉が底を尽きたっぺーです。
あと、福島第一原発周辺の肉牛から、前例の無い基準値すら遙かに超えるセシウムが検査対象になった全頭から検出されました。
しかも、約三千頭が既に出荷済みと。
そのはるか前にも出荷されてる分を合わせるとかなりのもんかと思います。
が、放射性物質のおっかねーとこは、見えない、味がしない、臭わないですから、金のあるしとは「この値段なら安全な産地ね」とモリモリ食ったしとはケッコーいると思います。
てか、豚鶏に関しては検査が義務づけられていなかったはずで、牛より前に移動済みです。
どんだけ市場に流れたか報じられとりません。
精肉業界も昔からブラックなとこだからかも知れません。

 ビンボーな僕ぁ、「人工成長ホルモンやアブナイ餌食わされたんだろう」と思いつつ、豚肉は米産を、挽肉は味が落ちるものの解凍物、鶏肉も同様に解凍ものです。
牛肉はゴムみてーに脂身のねーオージービーフです。
以前、「影響が出るのは数年後でしょ?」と言ってたしとがいたんですが、僕が恐れてんのは食糧難もです。
五月頃から、昨年収穫した玄米や精米の価格が上昇しとるそーですが、米も扱う酒屋の親戚は「10kgあたり300~500円値上げしないとペイできない」と言っとりました。
町の商店でそーなら、大型量販店もその半分は上がってるのかな?と。
こりは買い占めじゃなく、市井に届く前にストックしとる層がいるからだと思います。

 単純に食の安全のみに焦点を絞れば、海外の安全なものを輸入して売ればええんですが、そーすると農家やらが生きてけねーんで悩ましいとこです。
僕ぁ北海道出身ですが、亡父は昔よく言っとりました。
「品種改良で北海道でも育つ米ができたか。思い切って北海道を食糧基地にすりゃいんだよ」。
こり、政経に精通しとるしとからすると、誰でも思いつきそうなんで「ナンセンス」と一蹴されるかも知れねーですが、有事の際に国内自給のバックアップがあるって心強ぇですから。

 チェルノブイリの汚染の際、最初の数ヶ月はやはり食物に気を遣っていたそーです。
が、安全なもんが手に入らなくなり、「精神的に疲れたし、もうええや」と食った結果、数年後にバタバタ死んだり、癌やら奇病にかかったり、健康体で生まれても若年死が増加したり、中身は健常ながら奇形児が急速に増えたっつーエピソードを読んだことがあります。
だからなのか、一番被害を被った現ベラルーシは、現在でも各自治体に「安全かどうか」チェックできる設備やらに予算を使ってるみてーです。
こりを教訓にせず、優先順位を誤ってる時点でアウトです
てか、以前触れた「民主党が北朝鮮の拉致容疑団体に献金」を菅直人が認めた=日本を壊す宰相という名の工作員っつーことになります。
因みに献金先の団体は、前野党が政権を獲れるよーに活動してた面もあるそーです。
「いくらTVや週刊誌で持ち上げても、この政権はないわ。日本人はホントに馬鹿になったのか?」と思ったもんですが、なるほどですねぇ。
てか、これ首相を辞任したら逮捕されねーんですか?

 しかし、政府だけじゃなく、各電力会社や原発抱えた自治体の知事の「何、その狂った主張は?」に、「原発利権って、権力以上に人の頭を狂わせる以上のもんがあるんだなぁ」と痛感しとります。
しかも、ここにきて、出てくると「ああ、またハズレるんでしょ?」な日本の地震研究者だけじゃなく、海外からも「もう一発デカイのあると思うよ」指摘があり、以前から心配されとる東南海、東海、東京湾が本気出したら、僕、死んじゃいます。
東南海や東海だと瓦礫の下敷きです。東京湾なら、予想される水没エリアに含まれてました。

 テメーらの私腹肥やすのにご執心なキチガイどもが幅を利かせてるとこに、「これはヤバイだろ」と色々心配しとる僕みてーなしともキチガイ呼ばわりされるでしょー。
まあ、僕ぁ「そこまでやるなら海外に移住しろ!」なほど神経質じゃねーですが、ある程度キチガイ呼ばわりされるくれーのが丁度ええと思ってます。
実際、今回の大震災で、津波による生存率が高かった地域は、大昔の震災を教訓に「そんなことしても時間の無駄」っつーことに備えて、キチガイ呼ばわりされてた先人の備えが功を奏したとも聞きます。

 前回の記事で、「軽く(社交辞令的に)ライブ出演の打診があった」と書きましたが、気晴らしに出てみよーかと思います。バンド小僧からプロの仕事も請け負ってる輩が多い職場のイベントなんで、気楽に。
オリジナルは、パッド系のシンセをバックに雅楽に使われる音階と中東のエキゾな音階をミックスしたインストくれーで、あとはカヴァーで。
んで、第一候補はケッコー前に触れたロイ・ブキャナンのThe Messiah Will Come Again(邦題「メシアが再び」。)です。
この曲、なぞるだけなら簡単なんですが、表情のつけかたが難しいです。
で、この曲は原曲の倍くれーに拡大したゲイリー・ムーアのギターが泣きまくるヴァージョンもあるんですが、本家は最初の二分くれーにモノローグがあります。
要約するとこーです。

「かつて、この土地は街だった。人々は笑って生活をしていた。しかし、多くの悪も蔓延していた。そんなある日、よそ者がやって来た。人々は彼をキチガイ呼ばわりした。そして彼は去った。それからその街に不幸が訪れた。かつて、そこは人々にとって街という名の世界でもあった。今にして思えば、彼は救世主だった。救世主は再びやってくるだろう」

あ、こり、モノローグ故聞き取って、頭ん中で日本語に変換しましたが、全文は詩作品としても優れたもんだと思います。どっかにテキストねーか探します。
この曲を聴いたジェフ・ベックは、スティーヴィー・ワンダーの「哀しみの恋人たち」をインストでカヴァーし、その表現がロイ・ブキャナンを模倣してて「ミスター・ブキャナンに捧げる」とクレジットしたことで有名になった曲です。

 優れた曲は、いかなるアレンジでも素晴らしい、とよく言われます。
んで、気晴らしですから、Yellow Magic Orchestra(秀逸な名前だと思う。)、あー、日本じゃYMOのが馴染み深いですね。
彼らのRydeenをハードロックとサイ・トランスの融合的アレンジでやってみたいです。
理由は、ドイツにクラフトワークっつー先駆者がおりましたが、若干遅れつつ匹敵するクォリティを誇った日本のユニットだからです。
で、特にこの曲が優れとると思うのは、軽薄なアイドル歌謡的展開と、日本独自のメロディを多用しとるからです。こり、さじ加減難しいですよ。
発表は1979年でしたっけ?
このあたりから日本の軽薄な1980年代が始まったと思います。
特に、YMOがブレイクした頃から、「テクノロジーの進歩は凄まじい。21世紀は夢のような時代が到来するかも知れない」と思ったしとは多いはずです。
まあ、確かに、夢のよーな時代ですわな。下手なSF映画真っ青です。
しかし、1980年代の坂本龍一は神懸かってましたね。
んなわけで、リアル・タイム世代は「日本は経済、科学ともに世界一の国なるかも知れない」と予感させたであろう(俺がリアル・タイムで触れていたらそう思う。)Rydeenを聴いてみましょーか。(大槻ケンヂが「人民服に着替えたか~?♪」と歌詞を付けたものではないぞ。)
てか、この曲知らねー世代がばんばん出てきたこともあり。

<Rydeen/Yellow Magic Orchestra>


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
関連記事


コメント

  1. p_o53 | URL | YQsZvs5g

    「メシアが再び」

    歌詞のことについて読ませていただきました。ロイはデビュー当時、洋楽ラジオ番組でよく聞いていました。
    ハンキー・ドリー・ハンクさんの訳や動画等、私ほうのサイト作りの参考にさせていただきました。私はクラシックギター等(エレキも持ってますが)を家庭内コンサーで楽しんでいます。ストリートもいいなあと思います。

  2. H.D.ハンク | URL | 3fP8K/.I

    Re: 「メシアが再び」

    いらっしゃいませ!
    色々と忙しくレス遅れて申し訳ないです。

    >ロイはデビュー当時、洋楽ラジオ番組でよく聞いていました。
    意外です!
    彼がデビュー当時、まだ生まれてもいなかった僕ぁ、ゲイリー・ムーアがカヴァーするまでマニアな存在だと思っていたので。
    (実際、日本でファン・サイトが皆無に等しい。)

    >私はクラシックギター等(エレキも持ってますが)
    サイトを拝見させていただきましたが、童謡の演奏は参考になりました。
    僕は深爪でフィンガー・ピッキングが出来ないんですが、なるほどですね。
    民謡より童謡の方がヴォイシング等のアレンジが難しく、成功すると非常におもむきがありますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soulkitchen03.blog130.fc2.com/tb.php/614-290ca42d
この記事へのトラックバック



QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。