FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目ん玉誤魔化しカモフラージュ

2011年07月05日 21:32

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。
あー、呑み助で喉乾いて早起きな身としては、月に数回ですが日の出と共に起きて出勤、糞暑い中帰宅して偽物ビール飲んでギター弾いたりってええですな。
で、あっつー間の被災地復興大臣訪問→暴言に非難→「辞めるつもりはない」(=辞める。)→やっぱり辞職っつーニュースが、異様に採り上げられとります。
確かに一理ある点もあります。政治家としてはダミですが、今の日本でここまで大々的に報じられるニュースじゃねーです。
まともな頭で(イカレた俺が書くのもなんだが。)3/11以降のマスメディアの動きを冷静に見とるしとなら「ああ、目くらましだ」と思ってるはずです。

 僕ぁ政経に疎いんで、松本龍っつーしとを知らなくてですね、あのパフォーマンスっつーか言動は、昔いた土建業界における談合仕切ってるオッサンか、工程会議で机に足のっけて下請けを恫喝するゼネコンの重役みてーに思いました。
で、後で経歴調べたら「ああ、どおりで」と。
ただ、一連の言動やらはシナリオっぺーです。
一応「一理ある」と思ったのは「知恵を出せ」ってとこくれーです。その後に「さもなくば助けない」はビジネスの場での論法ですから、「シナリオだろ、これ?」と。

 大々的に報じられなきゃならんのは、先日触れた、「菅首相及び民主党議員数人から北朝鮮拉致容疑に関与する団体に献金云々」だと思います。
これに対し、菅直人は「法に抵触していない」みてーな声明を出したそーですが、与党の議員でも「狂ってんなぁ」なのに、首相が大きく関与しとるのは大問題です。
松本龍の「今のオフレコ。書いたメディアは潰す」に地方紙から全国紙までが「わかった。叩きまくる」と応じましたが、献金問題については産経しか突っ込んでねーです。
以前の記事で「産経だけってのがビミョー」と書いたのは、この期に及んで原発推進の記事を他メディアより採り上げとるからです。
個人的に「だから、民族の危機なんだって!」と遺憾なのが、内部被曝を明らかにしたニュースです。

 最初が、福島県内の避難所で子供から大人まで(16人だったかな?)採尿したところ、放射性物質であるセシウムが検出された、と。
「なんだ、排出されるんじゃないか」じゃなく「排出されなかった分は体内に残留、蓄積されている」っつーことになります。
僕の記憶正しければ、冷戦時代、外食も給食も今みてーに産地にこだわってなかったはずで、それがいかにおとろしいことか指摘してたしとがいたはずです。
なんで、おとろしいかっつーと、放射性物質や高濃度の農薬、化学肥料が含まれているからっつー理屈でした。
んなわけで、セシウムなんたらとかヨウ素なんたらとか染料みてーな名前は聞き覚えがあります。
でも、そんな食生活をおくってきた僕らは特に健康に害は出てねーです。
逆に、体内に蓄積された重金属や化学調味料を排出する機械や、キレイな土壌に首から下を埋めて排出しちゃうと、コンビニ弁当食っただけで嘔吐したりするそーです。
人工トランス脂肪酸(天然のものは逆に必須。)も、ファースト・フードだけじゃなく色んなもんに含まれてます。
が、今回の事故をきっかけに、放射性物質っつーのは毒性が高いものほど蓄積されやすいっつーことを無学な僕でも知るに至りました。

 今世紀に入り、建材に使われていたアスベストが肺に蓄積されると排出されないことから疾病をもたらすことが認められました。
プルトニウムもそーです。ストロンチウムは骨や骨髄に蓄積されます。
で、昨日ですか、福島県の15歳未満の子供たちの45%が甲状腺を被曝しとると。
これに対し「微量なので精密検査を行うまでもない」みてーに安全委が声明を出しました。
でも、データが事故後二週間くれーしか経過してねーもんなんですがね。
つまり、因果関係は認める気はねーと。
いや、因果関係はこの際おいといてですね、「今こそ福島県産の食材を食べて復興を!」と煽ったマスメディアとか、善意のつもりで安全な地域とされとるとこに売りつけてたボランティアな輩はどーすんのよ?と。
神奈川県やらは給食に福島県産を使ってるそーですが、事前に保護者へ周知したのか?と。
子供云々の話になると偽善ちっくですが、以前書いたよーに、生物って成長期に一番影響を受けて、許容量も少ねえですから。
大人の僕らも笑ってらんねーです。すげー滑稽ですよ?
「いやー、楽しい青春時代もおくれたし、ま、そのうち誰だって死ぬし」と天井に吊された剣の下に腰掛けて楽観しとるよーなもんですから。(頭悪いなぁ。「ダモクレスの剣」って書けよ。)

 僕ぁ頭おかしいんで、キチガイ呼ばわりされても「ええ、イカレてますから」と答えますが、事故当初から口に入れるもんは注意してきました。しかしながら、そろそろ限界です。
市井の一員として、政府及び各省庁や機関が汚染拡大に一役も二役もかってる現状で、テメーの安全すら守れねーですから。
よく「人権が」とか「思想の自由が」とか言ってる輩が、こーゆー状況でせいぜい「原発反対!」とかやってる時点で、まあ、昔のしとはよく言ったもんですな。

馬脚を顕したか(正確には「とっても」)

と。
原発を停止するのがどれだけのコストや時間がかかるか素人の僕らはわかりません。
なので、最優先すべきは食の安全だと思うんですが、こりは上述の政府やら各省庁の一声がねーと無理です。もはや。
僕ぁ最悪の数歩手前を考える思考回路です。
このクソ暑いのに高価な防護マスクもしなけりゃ仕事もしとります。特定疾患のお袋どんも故郷にいます。
んなわけで、僕ぁ守るもんがなくなるまで日本にいるつもりです。
色々と「こういうことしよう」とか考えつつ。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://soulkitchen03.blog130.fc2.com/tb.php/611-3f39b920
    この記事へのトラックバック



    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。