FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bad News Hank

2011年07月03日 01:42

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。バッド・ニュース・アレンではありません。
あー、相変わらず嫌なニュースばっかです。
笑ったニュースは、「チャン・グンソクのファンを演じて二千円のバイト」と「原子力保安院審議官、ヅラー西山がヅラったままコーマンして更迭」くれーでしょーか。
前者は以前ならどっかの劇団員を動員して、コメントも綺麗めな娘が素人っぽい演技してたでしょーが、ここまで安上がりな売り込みって、電通云々じゃなく、韓国メディアが「いいからこう売り込め!」と無茶言ってるとしか思えねーです。
あと、「俺だけ見てろ」とかアピールしてんでしたっけ?プロレスラーの蝶野正洋じゃねんだから。
後者は、ヅラしてねーと人前に出られねー点から、「よかった、俺のハゲ方は性欲旺盛そうで、お好きな人にはたまらないからな」と見る度に安心できたから残念です。
保安院
ええ、人間、変なとこで優劣を勝手に競って、自分より下がいると仁王立ちで見下したくなるのです。(汚い性根だなぁ。)
で、何が笑ったって、更迭の理由が「一部週刊誌で私生活の恥部が報じられたから」。
なんでも、週刊誌(新潮だったと思う。)が、愛人とのセックスにおいて「カツラを脱がなくてもいいように、イチモツだけ出してまぐわってた」っつー。
どこまでカツラに執着しとんねんっつー話ですが、ま、実際は不倫相手が経産省の女性っつーのがマズかったんだと思います。
が、海江田万里が「私生活で~」と理由を言うと、「射精ってもヅラだけは外さない」っつーカツラ・アンド・プラウドな姿勢を思い出し笑ってしまうのです。

 嫌なニュースは、自民党・樺山都議の不可解な自殺。素面で洗面器に顔突っ込んで死ぬくらい不自然。
民主党政権になってから、政治家や企業の役員なんかが「昔からこういうことはあったかもしらん。しかし、見せしめにしか思えん」っつー状態で死んでて「自殺と断定」っつーニュースが多くなりました。
んで、大体、その直後に「献金疑惑が~」とか出てきて、立証するために必要だっったしとがその直前に他界しちゃってるっつー。
「樺山卓司?んな奴知らねぇ」と調べたら、現在、ホットスポットと呼ばれる放射性物質の吹きだまり地域に住んでて、なおかつブログで雑感を挟みつつ、自治体より信頼がおける測定をレポートしてたんすね。
明らかに消されたと思うんですが、原発の是非が問われる時期だからって理由じゃねーかも知れねーです。
が、僕ぁ覚えてますよ。福島第一原発の三号基が黒煙あげて爆発してから、個人で放射線量を測定してレポートしてたサイトがいくつかあったことを。
しかしながら、身内の不幸で約一ヶ月ネットから離れてたらサイトの殆どが消滅してましたから。

 以前書きましたが、楽観視しとるしとも、必要以上に過剰反応しとるしとも、同類だと思っとります。
「心配しすぎるとかえって毒。でも、自分に害がなけりゃいいや」と「日本なんか滅亡すればいい。でも、自分だけは助かる」っつー潜在的なとこで。
現状、マスメディアは「安心したまえ。何故なら、以前となんら変わらない生活環境だろう?」っつー方向で脳みそウォッシュしとる最中です。
最近、気になったニュースは、経産省におりながら清廉かつ「官僚とはかくあるべし」な古賀茂明へ辞職勧告(これで二度目で、一度目は突っぱねたそうだ。)ですが、甘い汁吸ってきたのに辞任したはいいが、直後に圧力で記者会見をキャンセルやらで四面楚歌になった小佐古敏荘元参与の発言。
「海洋汚染に対して楽観しすぎ。もっと綿密に調べなければ安心か危険か分からない」っつー内容だったと思います。
こりは僕みてーに漁業が一次産業なとこが出身のしとなら、危惧してたことだと思います。
もし、テメーのチームっつーか研究室でもやったら汚名返上どころじゃねーです。
現状、政府の「やる気あんのか?」っつー調査や、中国の勝手な調査、ブラックな環境保全団体の調査しかデータがなく、そりはあってねーよーなもんです。いずれも。

 既に口癖みてーなもんですが、怒るだけなら僕でもできます。
が、世の中には怒るだけじゃなく、僕らが逆立ちしてもできねーことができる立場のしとがいます。
僕ら市井のしとじとが騒いでも、精々殴られて終わりですが、彼らは殺されるかもしらんです。
なら、金貰って嘘八百を平気でTVやらにて言う奴もいれば、そういった分野においてガチンコでやりゃ有能なしともいるわけで、僕らじゃできっこねーことをできる立場にあるしとを応援したり守ったりするのが先決だと思うのです。
仮に僕と同じ社会の底辺に近いとこにいる輩が「俺がなんとかする!」っつっても、豊田商事事件みてーに誰かさんと刺し違えるくれーですから。なんも変わらん。やった奴のセンズリみてーなもんです。
まず、汚染拡大を食い止めなきゃならん。しかぁし、僕ら素人じゃ不可能。
なら、臨機応変に対応ができる知識ある参謀と、技術を的確に使える為政者が必要なわけで、そういったとこに着目すべきでは?と。
流浪の民になるのも悲しいもんですが、このまま傍観しとると「ああ、人体実験にされた挙げ句、国土が住めなくなったイエローモンキーね」と笑われたら、身震いするほど腹が立ちますからね。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://soulkitchen03.blog130.fc2.com/tb.php/607-dd20dbb0
    この記事へのトラックバック



    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。