FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気付けばB級映画な日常

2011年06月23日 21:10

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。
あー、二日酔いであったー痛ぇしオエオエしとるし、休日なのに糞暑いしで禍々しい休日です。
しかし、よもや下手な映画より映画な日常を過ごすことになるとは思いませんでしたがな。
いや、ホント、全国紙のサイトじゃ報じられてねーローカルなニュースを色々読んでると、ツッコミどころ満載な記事があったりしますし。
例えば、福島県で温泉が湧き出たと。おそらく大地震の影響だろうと。
...。
あの、「検査の結果、汚染されていないことが判明」とか「成分分析結果がわかるまで、入浴や飲まないよう周囲に呼びかけている」っつー〆はねーんですか?
あと、福島第一原発に近い川俣町の小中学校で生徒と教職員に、被曝線量計バッヂを配布。
...。
政府は強制避難指示出せよ。
市井のしとに配布っつー時点で、大人子供関係なく、もうね...。
原発事故が無かったら「お望みどおり、ぶってぶってぶちまくってやるよ!」と叩かれていたと思われる、姫井由美子がエジプト大使館と連携して被災地で炊き出しやったら食中毒。
...。
謝罪とか議員辞職とか、続報はねーんですか?
治ればいいっつー話じゃなくて、食中毒=排出された屎尿に病原菌なわけで、衛生管理が行き届いとるならともかく、ストレスやらで免疫力も低下しとるしとだっているはずで、二次疾病が怖いっつーの。
他、「悪質なデマだな」と思ったらホントに都内で開店・営業しやがった、食材に福島県産を扱う居酒屋。
なんでも、店舗毎に各都道府県の特産品にスポットを当てるそーなんですが、第一号が福島っつー。
運営元企業のサイトに「大して告知もしていないのに、ピーク時はほぼ満席でした」みてーなコメントと写真がありました。
...。
客はサクラでしたっつー続報はねーんですか?気狂ってるだろ?
どんだけ売れて、どんだけ消費されたか知りませんが、「今こそ福島県産の野菜や果物を食べて、勇気づけよう!復興しよう!」っつーマスメディアの煽りやらでスーパーに福島県産の野菜がケッコー陳列されてた時期があります。
が、ここ数日は目立たねーよーなもんを目立たねーよーに陳列しても、「賞味期限切れ間近」の半額カゴは福島県産ばっかですから。
「何故、出荷できているのか?」「販売するということは安全であると宣言していることだが?」に対しての根拠は具体的に報道されねーです。
漁業もそーで、「何故、安全か?」に触れずに「風評被害で買って貰えないのは悲しいので、水あげする漁港を変えた」っつーニュースを平気で報道しとります。
茨城沖のコウナゴが汚染されていたっつー4月のニュースが無かったかのよーです。
相変わらず、福島県と静岡県の知事がキレまくってますが、言ってる内容が責任転嫁やらで呆れるっつー。
特に静岡県知事の責任重大だよなぁ。フランスだけじゃなくEUに加盟しとる各国も敵に回したよーなもんなのに「悪いのは俺じゃない!役人がいかんのじゃ!」っつー主張までしちって、テメーでテメーを四面楚歌に追い込んでるのは狂気です。

 B級映画だと、どこぞの密室で各分野のマッドな学者や経済人が円卓囲んで「ここまで大規模な実験と研究は今後不可能だろう。なんとか下地はできたな」とニヤつきながら会議するとこです。
てか、ホントにやってそーで怖いです。
が、時を同じくして、精錬潔癖であるため、学会を追放されつつ独自研究を行っていた科学者が、とんでもない発明をしちまってライズ・アップしよーとすんですが、そりを公表すると命を狙われてしまうため、バーで酒を飲みながら苦悶しとるっつー。
その帰り道、そこらのチンピラに絡まれるんですが、偶然通りかかった男がそいつらを一網打尽にするのです。
ええ、男は勿論スティーヴン・セガール。
が、んなこたぁ起きねぇのが現実です。

 当初は今日6/23の14:00スタートでしたが、高速増殖炉もんじゅの機器回収作業のヤマが夜にずれ込みました。
明日未明に作業を終える予定とのことですが、失敗前提で開始時間をずらしたんじゃねーかと勘ぐります。朝刊にも詳細について触れた記事は間に合わねーでしょーし。
で、この作業、過去に20回以上失敗しとるんで、よく懸念されとる「失敗したら爆発する可能性もある」は、今回も起こらず「すんません、引き上げられず作業を中止しました」っつー会見が行われるんじゃねーかと思ってました。
ほいだら、今回から作業内容を変えるそーです。
前任のプロジェクト責任者が自殺したニュースがありましたが、続報はありません。
素人の僕からすると「自殺にまで追い込まれるって、どんな会議して工程や作業内容組んで、最悪のアクシデントを想定してたのよ?」と怖くなります。

 本格稼働させてねーのに「事故が起きたらとんでもないことになる」と言われてきたのが、冷却剤に液体化させたナトリウムを使用しているからです。
よく、海外でベビーチーズくれーの大きさに切ったナトリウムを水に放り込んで、爆発させる遊びの動画がyoutubeなんかで観られますが、もんじゅでそれが起きたらどんだけよ?っつー。
大体、叡智を象徴する文殊菩薩から名前をいただいてるあたりから縁起でもねー。
ええ、確かに事故が起きそうになっても、現在の人間の知恵で防止することができねーよーなしろもんです。
ホント、映画ちっくです。
映画だと、お約束通りナトリウムが漏れてですね、発火寸前になってですね、そこへスティーヴン・セガールが駆けつけるんですが、コンクリートに反応して発火しちまい「爆発まであと数時間」っつー展開です。
勿論、間一髪のところでセガールが、いつの間にかいた工作員を叩きのめして間一髪で食い止めて「おぉ、世界のヒーロー!」でエンド・ロールです。
が、木曜洋画劇場とかじゃねんだよなぁ。
僕ぁ「流石に一か八かなハイリスクなとこまで続けず、ヤバそうになったら作業を中止して”失敗しました”なんだろうな」と思っとるくちなんですが、昨夜の深酒もあり脳みそも疲弊しとるんで、早めに寝ます。
寝溜めはできねーですからね。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://soulkitchen03.blog130.fc2.com/tb.php/600-c32c342b
    この記事へのトラックバック



    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。