FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンヘルスなお話(ちょっとヘルシー、そしてウンコ)

2011年06月18日 21:12

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。
あー、細々挙げてくときりがねーんですが、原発事故の弊害が色んなとこで見え始めてきました。汚染データだけじゃなく貿易関係でも。
それに混じって「3/12の福島第一原発一号基の水素爆発に巻き込まれ、乗車していた車ごと吹き飛ばされた」っつーニュースがありました。
んで、その後、内部被曝を検査するため福島県に自費で行ったら「結果は今は教えられない。今後も教えられないかも知れない」と言われ、更に名目上は退職したっつー。
こり、一号基、三号基爆発の頃から「巻き込まれた作業員いるだろ?」と勘ぐりを通り越して確信してましたから、ニュースじゃやらねー、もしくは箝口令が敷かれてる事故が仰山あるんだと思いました。
都市部でも工業排水による鉛中毒が深刻化しとるのにシカトしとる中国を笑ってらんねーっつー。
因みに、放射性物質も怖いですが、鉛や水銀も怖いです。
日本でも水俣病っつーブラックな歴史がありますから。
話逸れますが、後漢時代、所謂インテリは五種類の鉱物を混ぜたもんを服用しとったそーです。
んで、硫黄やらなんやらが混ざったそりを服用すると全身が火照ったそーです。
そのままだと死ぬんで、歩いたと。
五石散(だったかな?)を飲んで歩くと思考が活発になるため好んでいたと。
今なら「単に歩くことで脳が活発化するからだよ」とツッコミたくなりますが、こりが「散歩」の由来です。

 放射性物質や放射線照射が危険視されていなかった時代、日本じゃ木材を強化できると信じられていたよーで、林業に携わるしとも一緒に放射線を浴びてたっつー。
こりは第二次世界大戦後にアメリカが「無意味。人体にも多大な影響を及ぼすため中止!」と研究は終焉を迎えましたが。
チェルノブイリで因果関係を認められなくても、被曝に起因すると思われる死者は尋常じゃねーです。それ以前に日本は原爆を二発も投下されました。
なので、体に良いわけねーんですが、たまに長生きするしとがいます。人体の不思議です。
「関東在住だからといって安心してはいない。苦しみは時間の差だ」と以前書いた記憶があるんですが、今や近畿地方まで汚染が広まってます。東日本に比べたら大したこたねぇと思います。現時点で。
んでもって、「俺はどうせ死ぬんだ!」とヤケクソになるしとが仰山出てくると思われます。
ええ、生物なら必ず死にますから、間違いじゃねーですが。
ままま、落ち着いて、と。
ほら、岡山で汚泥から人工肉をこさえて「うんこバーガー」ってのを作ったニュースでも観て。
うんこ肉は脂質が少なくヘルシーみたいですよ。

....オエエェェ!!!!
<うんこバーガー>


 三つ子の魂百までとはよく言ったもんで、平和ボケになるよう教育されてきた日本人は「日本だけは大丈夫」とか「僕私だけは大丈夫」っつー、妙な選民意識があるよーに思えます。
僕も含め、そーいった思考が染みついたとこに「放射性物質由来の癌や奇病で苦しむかも知れない」っつー恐怖を抱えて生活するのは大変なストレスです。
だからこそ、「悪魔を背負っても生き残ってやろうじゃないか」っつー反骨精神が必要だと思っとります。
よく書きますが、「がんばろう」「がんばれ」じゃねーっつーの。

「負けてたまるか!」

です。

 被曝して長生き(90か91歳まで生きた。)しとに作曲家の伊福部昭がいます。
このしと、前述の林業における放射線実験で健康を害しました。
体のどこがいかんかったのか詳しくは知りませんが、これに由来し「健康状態が不適格」と兵役を免除されました。
危険性も知らされずに働かされ、挙げ句「戦争に行かない奴は非国民!」な風潮でこりはしどいです。
が、芸は身を助けると申しまして、独学で始めた作曲と作品が本業である林業に就く以前から評価されていたこともあり音楽で生計をたてることと相成りました。
彼、いや、僕と同じく作曲家を志したしとなら御大と呼ぶべきかと思いますが、このしとは西洋のメソッドが身についているにも関わらず、当時禁忌とされとったことを盛り込んだり、ナショナリズムに根ざした曲を仰山作りました。
武満徹っつー、これまた僕みてーな奴からすると神様みてーなしともいましたが、日本人としての色合いは伊福部昭のが濃いです。
んで、全盛期のエピソードや作風からすると右派なイメージがあるんですが、九条の会に名前を連ねたのは、前述の放射線の件があったからなのか?と思います。
最も有名な曲が、映画『ゴジラ』のテーマやまんま軍歌な闘志天翔ですからね。(CMや元格闘家・佐竹雅昭の入場曲として現在もなじみ深い。)
んなわけで、亡父の遺言である「俺が先に逝ったらお袋を守ってやってくれ」に従い、日本国内にいる僕ぁ「苦しみながらもあっさり死んだら保険金をお袋の介護にまわすが、生き残るつもりだから小説の体を成してなくても死ぬまで文章をタイプしてやる」と思っとります。

 僕ぁ通貨をあんま信用してねーです。理由は過去にちょこちょこ書きましたが。
しかーし!唯一無二の芸を持ってる奴に対しては嫉妬と憧れ、「ママ、これ買って!」と駄々こねるガキ状態です。
スカムな音源から、高尚なクラシック音楽まで、独学とは思えねー、いや、伊福部昭と同じく独学だからこそここまで自由な発想があったのか?と思っとるのがフランク・ザッパです。
こーゆー御時世、テメーの芸で何かしたいと思っても上には上がいます。
なので、ザッパの多才さに嫉妬し憧れるのです。
彼の何が凄いって、今の日本で言うなら「音楽は国境を越える!今こそ頑張れ日本!」なんてミュージシャンがいるとしたら、菅直人や東電の会長や社長、他諸々を茶化すよーな曲とPVを制作したことです。

 時は1980年代。MTV全盛により、ヒットを狙うアーティストはこぞってPV制作に精を出しておりました。
んで、フランク・ザッパは、没後に過去の代表曲が再発されるのに併せて制作されたものはあるものの、存命時はPVは一曲しか制作しとらんと思います。
You Are What You Isです。
こりは一応放送されたものの、即刻放送禁止にされたそーです。
てか、放送する前にチェックしろよっつー。

 You Are What You Isは1981年発表で、アルバムのタイトル・トラックです。
んで、なんでこの曲のPVが放送禁止になったかっつーと、就任直後の大統領ロナルド・レーガンが俳優だった頃とそっくりな役者を電気椅子にかける内容だからです。
こり、アリス・クーパーみてーに「金があればタレントも大統領になれる」と予見した邦題「アリスは大統領」より深いと思います。
政経に疎い僕でも知っとるのが、レーガン就任後の失策といいますか、ブッシュ政権(親父の方。)まで残った、「まやかし経済」みてーに言われた一見国民に優しく後々不景気を招くっつーことが気にくわなかったんだと思います。
政策は異なれど、民主党の殆ど実現化できてなかったり、頓挫したマニフェストに通じるもんがあります。
「ああ、俺にもフランク・ザッパのような才能と、強さがあったなら...」と思いますが、今の日本で同じことしたらメディアに露出する前に自殺扱いされちまいますね。
んなわけで、You Are What You IsのPVを観てみましょー。

<You Are What You Is/Frank Zappa>


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://soulkitchen03.blog130.fc2.com/tb.php/596-cc889ed3
    この記事へのトラックバック



    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。