FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Refugees Of The Sunrise

2011年06月11日 21:58

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。
あー、最近、何が起こっても不思議じゃねーと思っとります。
てか、心が荒んでいってる気がしたんですが、まともな思考、精神状態になりつつあるんじゃねーかとも感じております。
だってですね、僕(現在35歳)の世代って、よく「これだから~」と嘆かれるゆとり教育が本格化するのと試験的に実施されはじめた一つ手前だと思います。
んで、平和主義っつーか、「日本は安全を第一に考えている。これは百年の平和を見越してのことだ」みてーに刷り込まれました。
外国のことわざに(パブロフの犬と同じような実験に由来していた記憶がある。)「茹で蛙」っつーのがあります。
熱湯だと蛙は「アチャーッ!」と飛び跳ねますが、冷水から熱を加えてくと感覚が麻痺してお湯で溺死するそーです。
実際やったこたぁねーですが、蛙さんも色々ことわざに使われて人気者ですな。
で、マハトマ・ガンジーみてーなご立派な思想を刷り込むんじゃなく、気付けば単なる平和ボケになってたっつー。
とはいえ、「無防備都市宣言」には笑いましたが。あれ、一体どーなったんすかね?一時期熱心に騒いでたしとじとがいましたけど。

 原発にしてもそーで、以前書いたことがありますが、僕がガキの頃読んだ本で「原子力発電所は事故時のリスクが尋常ではないので、立地、設計から綿密に練り、あり得ない事故まで想定して堅牢に建設する。万が一事故が発生しても最小限に食い止められるよう防護ネットを何重にも張って稼働させる」みてーなことが書かれておりました。
確か、チェルノブイリから数年後で、目に見えて色々とヤバイもんが出てきた頃です。
ほいだら、前述のもんはあくまで理念であって、実際は「よく今までこんな状況にならなかったね」です。
チェルノブイリを教訓に、日本はしっかりやっているんだとガキの僕ぁ騙されたわけです。

 為政者の一言や一挙一動がもたらす責任は重大です。
最近たまげたニュースが「福島県の汚染された瓦礫処理を同県内でと打診したら、知事が猛抗議」。
その前にも「年間の子供における放射線被曝量限度を20mシーベルトに爆上げしたのは、文科省ではなく福島県が懇願したから」とか「原発周辺地域を”人も家畜も住める土地ではない”と言ったら怒りをかって謝罪」なんてニュースがありましたが。
前者は後述するのに繋げますが、後者は「なんで真実を言ったら駄目なの?」と。狂ってるだろっつー。遠回しな非常事態宣言なのに。

 ちょうど、親父が亡くなって北海道の実家であくせくしてた頃でしょーか。
TVで東電に対し、福島の佐藤県知事が「再稼働はありませんからね!絶対に...ありえませんから!」と怒りを滲ませとるのが繰り返し流されてました。
でも、それより一ヶ月近く前、福島第一原発の3号基が黒煙上げて爆発したあと、「一番危険と言われていたのが爆発した!てか、こんな早くにあっさりって、これの稼働認可はどういう経緯よ?」と思ったしとは多いはずで、僕もさらっと調べたらGo!出したのは知事本人だったっつー。
なんでも、3号基にプルサーマルを導入するのに当時の与党自民党が知事に打診したら「安全を保証できなければ無理」と断ったそーですが、再度打診したら受け入れたっつー。
どーいったやりとりがあったか知りませんが、「福島県は毎年44億7千万円を東電から受給されていたが、今年は支払われないことが決まり、このままでは破綻してしまうと嘆き」っつーニュースで「ああ、やっぱ金は信用しちゃなんねえな」と思いました。
知事を始め、自治体の甘い汁吸えるとこにいる輩にどんだけの利権を提示したんだべなっつー。

 繰り返しますが、為政者の一言や一挙一動の責任、特に国全体でも各自治体でも重いです。とっても。
推進派であろうが反対派であろうが「受け入れる」と決裁しちった以上、原発由来の汚染された瓦礫を同エリア内でっつーのは至極正論で、やらなきゃいけねーと思います。
糞尿やらにまみれたもんならともかく。
で、怒るだけなら僕でもできるっつー。つまり、そりは住民がするもんで、その長は「いかに汚染を拡大しないように処分するか?こちらも話し合うが、政府も建設的な案を出して欲しい」と切り返さなきゃならんと思うんですが。
んで、このキレっぷりから、「子供の年間被曝量限度を爆上げ」は、実は「今までたんまり甘い汁吸わせてやったんだからそういうことにしとけよ」と圧力があってもおかしくねーんじゃね?と。
子供にとっちゃ、こりがどれだけ危険か理解できませんし、どっちが決定したかなんて重要じゃねーですもん。
これじゃ、福島出身のしとじと全員悪者扱いだよっつー。狂ってんなぁ。
あと、よく「自民党と東電がつるんで原発を推進した末路」みてーなニュースは大々的に報じられましたが、「民主党の事業仕分けで原発の事故対策に対する予算がカットされていた」は、あんま大きく報じられませんでした。不思議ですねぇ。

 しかしですな、合併やら買収で大企業が幅を利かせたり、外資企業をばんばん呼び込むのは危険だなぁと痛感させられたのも今回の大震災と原発事故です。やっぱ競合相手がいねーと健全性が薄れます。今更ながら。
政経に疎い僕ですら思うんですから。
有名デパートで「今こそ美味しい福島産の料理を堪能しましょう!」なキャンペーン行なったり、スーパーに福島産の野菜やらが陳列され始めた数日後に「原発から半径60km離れたとこでもストロンチウムが検出されました」と騙し討ちっすから。一ヶ月以上前のデータ出して。
福島名物は美味ですよ。でも、茹で蛙状態にしてこりはしどいです。
現にストロンチウム報道から、セレブなスーパーじゃ牛乳が北海道十勝産に変わりましたから。
あとね、埼玉県が青果物の検査拒否=出荷可能とか、静岡名物のお茶から爆上げした基準値を超えるセシウムが検出されたのに逆ギレしたり、同じ日本人として恥ずかしいです。
前述のとーり、「ニュースになる=その土地の住民全てが同様の考え」と思われますから。

 お話変わって、「ベトナム政府のサイトがハッキングされて中国の国旗が貼り付けられていた」っつーニュース。
スゲーくだらねーニュースに思えますが、既に忘れられているニュースで「南シナ海を巡って中国とベトナムが対立」っつーのがありました。そりの延長だと思います。
こり、一見乞食の喧嘩に思えますが、昨今の情勢を考えるに、「戦争が起こったら予想以上に大規模になるんじゃないか?」と勘ぐります。
思えば、内紛も含めて戦争っつーのは色んな地域でずっと続いとりました。
単に日本が島国で、アメリカが同盟国っつー名のそこの属国的存在なんで「いやー、大変だなぁ」と思ってただけで、アジアにも戦火が上がってもおかしくねーよな、と。
「歴史は繰り返す」じゃねーですが、世界的に景気が落ち込むと戦争っすから。
先進国が順調なら「いやー、大変ですなぁ」ですが、もし開戦したらアメリカやロシアも絡んでくるんじゃねーかと。

 僕ぁ政経と同じく軍事関係も疎いんで予測できねーですが、アメリカから「おい、いい加減にしろよ」と牽制された中国側につく国はどこか?とか、相手がベトナムなら周辺諸国はどうすんのか?とか思うわけです。インド、カンボジア、タイとか色々。
もうね、勘弁してください。いくら日本は島国だっつっても、この状況で、更に周囲を「こいつら平気で核ミサイルぶっ放すだろうな」っつー国に囲まれてんすから。
「心配性だなぁ」と笑われると思いますが、「国難?いや、民族の危機だろ」と考えがシフトしてますんで。
日本列島は残るかも知らんですが、最悪のことを想定すると日本のどこにも住めなくなるわけで、本記事を「日出ずる難民」としたのです。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://soulkitchen03.blog130.fc2.com/tb.php/590-3aa09c79
    この記事へのトラックバック



    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。