FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改めて、明るいセンズリ・ライフ

2010年09月21日 15:05

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。
あー、ちょくちょく書きますが、センズリストを自称する僕ぁ「オナホール?邪道!」と一貫しとりました。
が、昨年の誕生日、女友達から使い捨てオナホールをプレゼントされ、折角だから使ってみたら予想外にえがったのです。
使い捨てでこーなら、何度も使えるもんはさぞかしすげーんだろー、と。
されとて、疑似まんこで抜いたら完全なセンズリではないと思い、初志貫徹です。
ほいだら、片栗粉を使った即席オナホールの存在を知り、それをいかに上手く作るかっつーまとめサイトも見つけました。
んで、そこに記されていたコメント。

「広く知られないようにしたい。何故なら、その昔コンニャク・オナニーが話題になった際、コンニャクを買う青少年が蔑まされた目で見られたからである」


ま、そんな内容ですね。
片栗粉って使いたいときに限ってキッチンの棚にねーもんです。
昔、二十代にしてメタボ腹だった頃、レバニラ炒めの下ごしらえに片栗粉まぶして揚げたり、スペアリブの竜田揚げとかよく作って食ってました。
ほいで日本酒とか飲んで運動もしねーんですから太るわけですよ。
で、揚げ物って後始末が面倒なんで滅多に作らなかったわけで、作るときに限って片栗粉を切らしてるっつー。
なので、片栗粉だけ買って「こいつ、オナホール作るな?」と侮蔑されるのは心外です。
片栗粉オナホールを追求する輩も、そーいったとこに真摯であると知り、「道は違えど、極める気持ちは同じ」と寛容になりました。(あのな、目くそ鼻くそってんだよ。)

 小学四年くれーでオルガスムに目覚めた僕ぁ、四半世紀近くセンズリを追求してきました。筋金入りです。
漁村育ちの僕ぁ素潜りが得意でしたから、海中で射精したりね。
ダイエット中は、体幹を鍛えられるんじゃねーかとヨガのポーズと呼吸法で扱いたりね。
去年のクリスマスなんか、クソ寒い部屋で全裸になって独りセンズリ耐久レースしたりね。(誰か何とかしてやってくれ)
辛抱たまらなくなって電話ボックス(丸見えじゃないか。)で女性と事に及んだっつー、おセックスでもバカなとこがありますが、センズリに命がけな僕を見捨てない女友達には、いい友達もったと思ってます。てか、オメーら、こんなアホと仲良くして頭大丈夫か?

 本題です。
明るいセンズリ・ライフをおくるには日々の鍛錬が必要です。
何故なら、男性は二十代半ばあたりから成長ホルモンの分泌が減少しだすからです。
周囲に女性が少なく、エロ・メディアが無ければスケベ心は衰えず、また、特殊な性癖のしともそーです。
しかしながら、成長ホルモンの分泌が減少すると、衝動的に勃起したり、射精の回数が減少します。
ま、性犯罪者に多い、脳みそのどっかが壊れてる奴は別として。

 成長ホルモンの大きな役割は、その名のとーり身体の成長や筋肉肥大のためです。
んで、二十歳あたりで身長も伸びなくなり、その後は生殖活動のために使われる割合が大きくなります。
人体ってよく出来てますね。
成長ホルモンの分泌が多い中高生の頃を思い出してください。
性的興奮を覚えるのとは別に、チンポが痛いほどに怒張して、扱くと気持ちよくて堪らなかったはずです。
気持ちいいとクセになるわけで、その気持ちよさが低下してくとセンズリもしなくなり、性の捌け口を別のとこに見いだしちゃうわけです。

 個人差はありますが、成長ホルモンの分泌量を増やす方法があります。
筋トレです。
おそらくは、筋肉を肥大させる運動をすることによって「まだ成長過程だ」と脳と体に知らせるのか、分泌量が増えます。筋肉肥大に必要ですから。
昔、格闘家の今成正和が、ファンからの「どうしたらイマナーみたいに絶倫になれるの?」っつー質問に「格闘技やれ」と一言、ブログで答えとりました。理にかなってますね。

 筋トレっつっても、肉体労働者じゃねー限り、自重トレーニングで筋肉肥大するのは時間も工夫も必要なんで、ジムに行くのが手っ取り早いです。
ただ、僕みてーに「マシンで鍛えたな」っつー体じゃなく、体型を崩したくねーしとにはオススメできんです。
あと、肥大する筋肉にナルシー化してしまい、センズリ強化目的が筋肉肥大マニヤになっちまい、うっかりゲイに目覚めてしまう可能性もあるので危険です。
高負荷じゃなくても、運動してること前提で成長ホルモンの分泌を促す方法があります。
必須じゃねーっつーことで、人体じゃ生産できねーアミノ酸の摂取です。

 代表格はアルギニンが挙げられますが、これは高タンパクな食物に多く含まれてます。
カツオとか。あと海老、意外なとこで玄米、チョコレート、アーモンド等のナッツ類。
ナッツ類はザーメン増やすミネラル類も豊富ですが、高脂質かつ高カロリーで、脂質自体は健康に必要な類のもんながら必要以上に食っちゃうのがネックです。
あと、玄米に含まれるフィチンっつー成分は、整腸効果と有害な毒素を排出する機能がありますが、一緒に大事なミネラルも排出される弱点があります。
ま、玄米が主菜な僕ぁ、ミネラルも補給しとりますが。
んなわけで、サプリメントで補給するのがええかと。

 サプリメントって、不要なカロリーもねーですし、手軽なんですが、表記されてる量が全部摂取できねーです。
ある程度体に耐性ができると吸収率が高まるかもですが、栄養素が含まれた食材食っても出ねーよーな黄色い小便が出たり、サプリ臭がするんで、やっぱ食材から摂取するのがええんですが。
とはいえ、アルギニンに限らず、食材から摂取するには大量に食わなきゃならん成分もあります。
例えば、ザーメンの量を増やす亜鉛。
伝説の性豪カサノヴァが生牡蛎を食ってたことが有名ですが、結構な量を食わねーと効果薄いです。
しかも、牡蛎って加熱しても消化悪いですし、ノロ・ウィルスだけじゃなく、蓄積された雑菌でうっかり腹を下すこともあります。
そんならサプリのが安上がりで安全かな、と。

 僕ぁ健康オタクじゃねーんで「○○のサプリがいい」とかわかりませんが、センズリストとしては、エビオスが代表的なビール酵母がオススメですね。
特に、筋トレかつ高タンパクな食事をするしと向けなビタミンB群と亜鉛が入ってる、スーパービール酵母Z。
以前は、運動もしねーで飲んでたんで劇的な変化はありませんでしたが、先日から再び飲み始めたら効果絶大です。
そっこーで勃起、気持ちええ、射精後も余韻が続くの三拍子です。
ただ、他のサプリもそーですが、運動して体が必要としてる状態じゃねーと殆ど吸収されねーで排出されますから、楽して気持ちよくなると思ったら大間違いです。

 明るいセンズリ・ライフをおくる上で重要なのは煙草を吸わないこともそーですね。
以前、二年くれー吸ってなかった頃に痛感したんですが、喫煙やめるとめたくそ気持ちよくなります。
理由は前立腺の機能が阻害されなくなったり、喫煙で萎縮する毛細血管が正常状態になりチンポの硬度や皮膚感覚が増すからかと思います。
最後に、喫煙者が書くのもなんですが、僕ぁ煙草に対して極端な考えは持ってねーですが、よく煙草=肺癌の原因っつーイメージあるでしょ?
実は肺より膀胱に悪影響なんすよ。
てか、次は酒が糾弾されんのかなぁ。こればっかりはなぁ...。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。