FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生ってなんだ?

2010年08月24日 21:14

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。
あー、理想の人生ってなんなんすかね?
あ、いや、別に「稼ぎも無ぇ、無ぇから嫁も子供もいねぇ、未来も無ぇ、ああ、死にたい」なわけじゃねーですよ。生涯におけるテーマの一つです。
僕の持論に「後悔の無き人生無し。後悔するから人間」っつーもんがあります。
ま、「なんて俺はバカだったんだ!」っつー念に苦しむのが楽しいっつーマゾヒストじゃねーですがね。
ただ、テメーが昔悪さしてしっぺ返し食らったこたぁ自業自得ですが、父親に生き地獄を味あわせる一因をつくったことに「無知は罪だな」と痛感しました。

 僕の親父どんは食道癌で食道全摘出をしましたが、その後、抗ガン剤投与を勧められました。
冷静な状態の僕なら、そのあたりを色々調べて「断るべき」と意見したと思うんですが、主治医の「予後が悪い癌なので、再発は防げませんが万が一再発、転移していても救済の余地があるようにできます」っつー一言に「フンッ!製薬会社からいくら貰ってんだ?」と思いつつ「やれることはやっといてもいいじゃないか?」と親父どんに言いました。
親父どんは、肉体年齢が実年齢より二十歳は若いんで、再発なんかしたら余命数ヶ月状態と思い。もうね、ビンボーな家の息子としては「助かるなら多重債務抱えたってなんとかしてやらぁ!」と冷静さに欠いとりまして。
親父どんは親族の借金を肩代わりしながら僕を育ててくれたわけで、それに比べたら借金のウン百万くれーどーってことねーと。まあ、不景気になるばっかで完済はほど遠いですが。
ほいだら、予想以上に副作用が出まして、予定の半分で投与を止めたのに免疫力と造血力の低下が著しく出ました。
しかも、肉体年齢が若いため、死にそうになるまで「しんどいけど病院にいくほどでもねえな」っつーのが繰り返され、入退院を繰り返すよーになりました。
去年、敗血症起こして危篤状態になり救急車で運ばれ、親類に多大な迷惑かけちまいまして、急遽帰省した際にキツく言ったおかげで現在はちゃんと通院しとります。
ただ、お高い増血剤を打っても平均的な血液の半分もない状態はいかんともしがたく(頻繁な輸血は腎臓に負担をかける。)、年に一、二回の輸血と血液検査による短期入院は避けられねーよーですが。

 しかしながら、もし、抗ガン剤の投与を拒んでたら、今頃、ゼネコンの特別顧問として都市土木の作業所で現役だったかも知れず、また、潔く「老兵は死なず。退くのみ」なら家の修繕やらをしてたでしょー。
んで、つまんねーとこで事故死しちゃうっつー。
ほら、年寄りの冷や水って言うじゃねーですか。血気盛んな性格のしとって、よくそーいったつまんねーとこで死んじゃうことが多いです。
それを考えたら、酒飲んで、好きなもん食って加齢とともにゆっくり死に向かっていくのもええじゃない、と思うのです。本人が「もう、殺してくれ!」って言わねーで日々を楽しんでんですから。
僕ぁ想像もできねーですが、両親が結婚した当初までは親父どんは寡黙な青年だったそーで、また少年期には地元で一番信頼されてた和尚から「この子を仏門に入れる気はないか?」と祖父が打診され、長男だから入れられないと断ったっつー話があったそーです。
なんとなく、ここ最近の親父どんの悪あがきしねー日々のおくりかたを電話で聞くと、なんとなくその和尚が目を付けたことが理解できるよーな気がします。
てかね、坊さんになってたら、僕ぁ今頃跡継いで「いやー、法人税払わなくてええし、生臭坊主ってサイコー!」っつー人生だったろーに、と思いますが。

 僕が社会人としてまともな感性だったら(まともじゃないから俺なのだが。)実家の生活も、もっと楽にしてあげてーとこです。
なので、極力「あれが食いたい」と電話がかかってくれば注文してあげるんですが、ビンボーでも義理堅いとこは徹底しとりまして、仕返しに旬の海産物を送ってくれたりします。ここらへんは「いやー、やっぱ人生の修羅場を何度もくぐり抜けて来た奴にはかなわんなぁ」と思っております。無ぇ無ぇ言ってもヤクザの懐っつーもんで。
もし、逆の立場なら、僕ぁそんなの気にとめねーですから。貰えるもんは貰ってあとは知らねーっつー。ウハハ!
あと、ショーなんかに出るよーな体型じゃねーですが、「どっちが先に死ぬか?」と実家に買ってあげたロシアンブルーのマサさんが未だに病気一つせず元気なのも嬉しいことです。
一年近く、幼体化したのか、ストレスを感じる環境だったのかわからんですが凶暴になることが多々あったんですが、今は昔みてーに大人しくなったそーです。
実家に来てビョーキ一つしねーでもう七年以上ですから、健康優良児っつーか、老いて益々盛んなニャンコです。
この存在も日々の楽しみじゃねーかと。いやね、ペットっつーと犬派や猫派とかいますけど、犬でも猫でもイグアナでもなつくと家族の一員ですよ。飼うのが面倒になって殺処分するしとがいるのは悲しいことですが。
んなわけで、「最良の人生ってなんだ?」と思うわけなのです。
cat.jpg
関連記事


コメント

  1. | URL | -

    うほっ!
    マサさん相変わらずお利口さんで美人さんですねぇ
    家を守るぞって自覚してるところがまたもぅ…。
    ホント良い猫さん。

  2. ハンク | URL | -

    Re: タイトルなし

    またまたまた、(遠山の金さんのノリで)どこのどなたか知りませんが、ウチの猫、可愛いんですよぉぉお!
    えー、一般的にロシアンブルー=大人しいという記事を目にしますが、雑種でもロシアンの血が入ってると凶暴化する子が多いようです。(以前、野生とペルシャの混血と書いたがケアレスミス。野生とシャムの混血から突然変異らしい。)
    ただし、頭が良いとこと身体能力がズバ抜けてるのはモデル型、スイマー型共通みたいなので、面倒見に自信があるなら飼って後悔しないかと。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。