FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『キャンディ』でヌイた

2010年07月24日 21:47

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。
あー、ロックを聴き漁り、いわゆる名作とされるアルバム発表当時の時代背景や関連するもんを調べたり読んだりしてたことがあります。
が、映画に関しては、多くは当時(14年くらい前。)長らく廃盤であったり、国内未発売で目にするこたあできませんでした。
で、最近はちゃっかりDVD化されてあっつー間に廃盤になってるケースが多いです。
所謂1960~1970年代のカウンター・カルチャー再評価ブーム期にソフト化されなかったのに。
因みに、国内のカルト系映画は海外でDVDになってることがあります。特に国内である事件がきっかけで有害図書指定を受けたシリーズがBOXセットで発売されたり。(注)
で、「あ、こんな作品があったんですか」と勧められた映画が『キャンディ』。
鑑賞後、ちょっと調べたら、マーロン・ブランドを始め豪華キャスト、スタッフなのに金の無駄遣いとか、主演のエヴァ・オーリンを鑑賞するだけの作品みてーなレビューが目に付きます。
てか、勧められただけじゃなく「『バーバレラ』でヌケるなら、これでもヌケるんじゃないのか?」と殺しじゃなく、センズリの依頼でもあったんですが。(ヌケたかどうかは最後に書く。)
candy.jpg


 えー、個人的に「ウホッ!これは」と思ったとこ。
全編を通してまともなストーリーを求めちゃいけねーんで「これはありだな」と思ったんですが、オープニングがモロにアシッド・ムービー。(ラストの大団円と繋げると全編アシッディだが。)
宇宙のアニメが映し出され、視点が地球に向かってくんですが、これがわかるしとにはわかるっつー。
いずれ書きたいんですが、月面着陸が地球へ配信される以前の、うてゅうとカウンター・カルチャー及びエロティシズムの関係は今考えると「おもろいとこに着目するよなぁ」と。
で、BGMがええです。これ、ピンク・フロイドの「天の支配」(『夜明けの口笛ふき』収録。)も合いますが、サイケデリックな整合性に欠けた曲がええんです。
で、『イージーライダー』の「ワイルドで行こう!」だけの一発屋かと思ったら、ステッペン・ウルフが『キャンディ』のBGMの殆どで演奏しとると。(ロック以外のBGMは不明。情報少なすぎ。)
で、オープニングはどうやらザ・バーズのよーです。
海外サイトでサントラ収録曲を確認したところ。
日本じゃあんま人気ねーですし、代表作とされるアルバムとは趣きが異なる曲調なんで驚きです。
が、ザ・バーズは1960年代末期の短期間、サイケデリックな作風だった時期があるそーで、こりは貴重な音源です。(サイケといっても、ジャーマン・プログレほどぶっ飛んでいない。)

 脚本も手がけたテリー・サザーンの発禁本を原作としてるってことで、演出やストーリーにガッカリなしとが多いよーですが、キリスト教圏の国のしとに「日本ではマルキ・ド・サドの作品は一般書籍として発行されてる」っつーと「日本はイカレてる!」とか「クールだ!」と驚くよーなもんでしょーか。
で、演出なんですが、これ、モンティ・パイソンを彷彿させます。
イギリス製作っつークレジットを目にしました。
また、サザーンの喜劇『マジック・クリスチャン』の映画版(『キャンディ』共に1969年製作と記されていた。)にはパイソンズのジョン・クリーズ、グレアム・チャップマンが出演しとります。
一見、ビートニク関係の交遊が強い印象がありますが、意外な交友関係です。(鑑賞後に知ったが、テリー・サザーンはテリー・ギリアムとも交友があったようだ。)
1969年は『空飛ぶモンティ・パイソン』放送開始の年でもあり、クリーズはそれ以前から新鋭コメディアンとして有名でした。
だからなのか、舞台はアメリカなのにこまなかなやり取りが、僕ら日本人からすると「?」な点が多く、アメリカ映画の、文化や歴史がわからなくても一応は笑えるっつーのとはちょっと違います。
ただ、完全にお笑いを意識した演出じゃねーんで、モンティ・パイソンみてーに笑えねーですが。(ここ重要です。)

 僕みてーな斜め上いっちゃってる奴以外は、主演のエヴァ・オーリンの美貌や服装目当てだと思います。
確かに、とにかく「いかに彼女の美貌をお色気路線で見せるか?」に最も力を入れてる印象を受けました。
恐らく、前半の、詩人にカーセックスを迫られるシーンで、今やAVでお馴染みのガラスの床下から撮影してパンチラ見せたり、尻や脚を中心に見せようとします。
が、僕ぁ見逃しませんでしたよ。

エヴァ・オーリンはパフィ・ニップルです。

パフィ・ニップルとは?
えー、エクストリーム乳首評論家を自称しとる僕ぁ、陥没してたり、一際大きい乳輪等をよく検証します。(また、びた一文の得にもならんことを。)
女性の発育過程において、まず乳輪に脂肪が付き、それが乳房全体に広がり、ある程度の大きさになると乳輪の脂肪も乳房と同化しちまいます。
が、希に大きな乳でも乳輪が膨らんだままのしとがいます。こりをパフィ・ニップルと呼び、海外ではその筋のフェチが多いです。(これについて日本では特別な呼称はない。)
<参考画像(ハンクさんのヴィンテージ・コレクションより。)>
puffy.jpg

ヌキどころ、見切ったり!

もうね、前半から「出すの?出すならはやくしてけれ!」とじらされ、後半に一瞬あるんですよ。
ここだけリピートでヌイた次第です。センズリストも大変です。
ま、びしょ濡れTシャツ・コンテスト状態なシーンや、尻や脚フェチにはたまらんとこがヌキどころであるかもしれんですが。

 ちょっとお話を戻しましょう。
この映画、確かに金の無駄遣いでしょーが、主人公であるキャンディ・クリスチャン以外の異性は全て詐欺師で性欲の塊です。
それは詩人であり音楽家、芸術家であり、また神秘主義者、警察といったものにも及びます。
僕がネット上で目にしたレビューの一つに「ビートルズが長髪と言われても現在はぴんとこない云々」っつーのがありましたが、現在と置き換えりゃええんですよ。
ただ、「1960年代のファッション大好きです!」と観ちゃうと長くて「いつ終わるの?」と思うかも知れねーんで、万人向けじゃねーですが。

(注):『ギニーピッグ』。宮崎勤がシリーズの一本を所有していたことから日本国内で観られなくなった。数年前に海外でDVD化された。
関連記事


コメント

  1. ギ装置 | URL | aIcUnOeo

    ケータイでPuffy nippleを画像検索すると ろくなことにならないので試してみてくだされ。

  2. Eve | URL | -

    コレって国内ではロクなレビュー見ないし総じて評価低めなんだけど
    私は
    【2001年宇宙の旅】に
    匹敵する名作だと
    思うんですが…
    ーーーーーーーーー
    でもまさかアノ一瞬の
    シーンをご利用されるとは恐れ入りました

  3. ショーグン | URL | 7CropVt6

    リアルタイムで

    見ました(笑)。もちろん日本公開時でですけどね。確か「燃えよドラゴン」の1~2年前だったなあ。

    お金も無い高校生がどうして封切館に(有楽町の)行けたのかまったく忘れてしまったけど、あの車内のシーンは記憶してます。

    きっと題名から「小さな恋のメロディ」的映画だと思い込んで行ったんでしょうね、ぎゃはは。

    主演女優のエヴァ・オーリンは通俗的な言い方だけど、不思議な魅力があって、あの体なのに清純派なの。作品の深い意味はバカ高校生には読み取る事なんぞ不可能だったけど、最後の方のヨガの行者(?)には笑った。

    結構気に入って、帰りにポスターとプログラムを買ったんだけど、売店のお姉さんが意味ありげなニタニタ笑いをしていたのを憶えてます。


  4. ハンク | URL | -

    Re: タイトルなし

    > ケータイでPuffy nippleを画像検索すると ろくなことにならないので試してみてくだされ。
    PCでもそう(爆)
    でも、海外のエロ・フォーラムとか読むと、「パフィ・ニップルなモデルおしえれ」とかあるんだけどなぁ。
    よし、父ちゃんが和洋混在でパフィ・ニップル特集記事書いちゃうぞ!

  5. ハンク | URL | -

    Re: タイトルなし

    > コレって国内ではロクなレビュー見ないし総じて評価低めなんだけど
    多分、視覚的じゃなく思考にくるタイプのサイケさのせいかと。
    そういったアシッディな作品観る層を狙って日本は売り出さなかったんじゃないかなぁ。
    僕ぁ、「ドタバタ劇」って聞いたんで、パパの後頭部に○×方式な装置が繋がれ『スキャナーズ』みたいに爆発して脳漿まき散らすんじゃないかとハラハラしとりました。(何を観ても斜め上。)

    > でもまさかアノ一瞬の
    最初に上半身裸で斜め後ろから撮されてるシーンで気付きました。
    「勝負を決するはここだ!」と。
    いや、脚とかもすんばらしいですよ。
    でもですね、「いや、大好物のオカズは最後に食う。絶対に露わになるシーンがある」と我慢しました。

  6. ハンク | URL | -

    Re: リアルタイムで

    以前、ギ装置Rと話してた際「ショーグンさんって、観てなさそうな意外な映画観ててびっくりするよね」と話題に出たことがあります。

    > きっと題名から「小さな恋のメロディ」
    ヌンチャク振り回す少年になるとは思えない...。

    >不思議な魅力があって
    自称女体評論家(つまりはスケベ。)の僕としては、話し方もありますが、「甲状腺の病気患ってない?」と勘ぐりそうな眼ですね。
    眼差しは変えられても、あの眼は天性のものでしょうから。あの眼は「汚れを知らない」って思わせます。

    >ヨガの行者
    トレーラーの登場の仕方と、彼の挙動に「モンティ・パイソンちっくだな!」と笑いました。

    >帰りにポスターとプログラムを買った
    すんません、僕の持ってるショー・コスギの映画のと交換してもらえませんか?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。