FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪傑の生き様

2010年07月15日 22:31

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。
あー、以前、ここでSoul Kitchenを更新していた、もっと前。
最近知ったんですが、初期Soul Kitchenを書いていたサービスが終了してました。
外観は現在のブログとほぼ変わらねーです。てか、日本でブログを普及させようとした結果、そういった旧来の日記形式のインターフェイスや付加サービスじゃねーと流行らねーと思ってのことでしょーが。
なので、海外のブログを見てみると、シンプルっつーか管理者が何をしたいのかよくわかります。
で、旧来のサービスにはブログの肝である柔軟性が無かったんで終焉を迎えるのも分かり切ったことでした。
ただ、当時(10年前。)は今のよーにネット上で発信しよーとするしとも少なければ、某巨大掲示板も一部のしとしか書き込み、閲覧しておらず、閲覧していることを口に出すと軽蔑の眼差しで見られたもんです。(そういう輩が実はヘヴィ・ユーザーって可能性が高いと勘ぐるが。)
なので、旧来の各種無料ネット・サービスは広告も出ませんでした。シェアの高いとこは企業に買収されたりしましたが。
んで、初期Soul Kitchenに書いたもんが全てなくなったため、おもろそーなネタをリライト。

<こっから本題です。>

 高校の頃、国語の時間にある詩を読みました。読みましたが、教科書に掲載されていただけで、授業では作者についてだの、作品の解説についてはスキップされた記憶があります。


『豪傑』 中野重治

むかし豪傑というものがいた
かれは書物をよみ
うそをつかず
みなりを気にせず
わざをみがくために飯を食わなかった
うしろ指をさされるとはらを切った
はずかしい心が生じるとはらを切った
かいしゃくは友だちにたのんだ
かれは銭をためるかわりにためなかった
つらいというかわりに敵を殺した
恩を感じるとむねのなかにたたんでおいて
あとでその人のために敵を殺した
いくらでも殺した
それからおのれも死んだ
生きのびたものはみなしらがになった
しらがはまっ白であった
しわが深くまゆ毛がながく
そして声がまた遠くまできこえた
かれは心をきたえるためにじぶんの心臓をふいごにした
重いひきうすをしずかにまわし
そしてやがて死んだ
そして人は 死んだ豪傑を 天の星からみわけることができなかった



これを読んだ僕と親友は、そのいくつかの箇所に「奴のようだ。てか、豪傑って題名からしてイカレてんな」と作品の価値やら作者の略歴も関係なく、「豪傑」と呼ばれていた共通の友人のための詩だと爆笑しました。(文学に造詣の深い方や作者のファンからのクレームは受け付けません。ガキの戯れごとをもとにしたスカムな記事なので。また、どこからどこまでが真実なのかも確かじゃないお話です。)

<彼は本を読み>
 豪傑は、読書家でした。エロ本の。
読むのは巨乳ものや、わりかしハードなものを好みました。
また、エロ漫画もよく読み、多くの級友はアニメ・タッチのものを好みましたが、彼は劇画一筋でした。『実験人形ダミー・オスカー』(原作者である小池一夫の作画担当であるがゆえ、叶精作と池上遼一は混同されがちだが、オスカーは叶精作が作画。『傷追い人』等は池上遼一が作画を担当。)みてーなののハードなやつです。

<うそをつかず>

 豪傑にエロ本を貸すと、しっかりオカズにしたページにザーメンがぶっかけられており、特別袋とじになって戻ってきました。正直な奴です。

<みなりを気にせず>

 ある日、僕の女友達が「彼女欲しい人いない?」ともちかけてきました。しかし、お世辞にも美人とは言えませんでした。中高生というのは一緒に街中を歩く恋人の外見を重視する傾向があります。
そんなわけで、豪傑に紹介したところ、めでたく恋人同士になりました。
しかも、ほぼ毎日ヤリまくりの日々で、ケチャまんであろーが流血試合を繰り広げとりました。(本人談。)
豪傑は「ビースト」とも呼ばれるよーになり、彼女は風貌もあり「ウォリアー」と呼ばれるよーになりました。
てか、実際、ボブ・サップに顔が似とりまして、彼が出てきたときは「何故、豪傑が格闘技興行に!?」と驚いたほどです。

<わざをみがくために飯を食わなかった>
 実家が商店だったため、あらゆる食材を食わずにセンズリの道具として試しました。
食べ物を粗末にするのは感心しませんが、血気盛んな男子高校において、こんにゃくや白滝等を用いたセンズリは「誰か試せ。よかったら俺もやる」なんて話題が日常でした。
そこへ豪傑が現れ「ああ、ありゃダメだ。全然よくねえ」と断言。これにより、センズリ三昧のガキどもは家のこんにゃくや白滝でセンズリし、知らずに母ちゃんが晩ご飯に入れるという悲劇を免れました。

 一見、サイテーな奴ですが、豪傑は純粋でした。
幼少期から空手を習っていたため、アンディ・フグが亡くなったときには号泣し、またある時は、肉まんを二つ買ったはずなのに、一つがあんまんで、どっちが肉まんを食うかで仲間が口論になり、仲裁に入りました。
豪傑は、見事な蹴りで一人を失神させ、もう一人はこれまた見事な膝蹴りで大流血させました。喧嘩両成敗というやつですね。

 豪傑はまだ体力があった時代ゆえデパートに就職し、ウォリアーと別れた後に知り合った恋人と同棲することになりました。
その際、うっかり実家に高級オナホールを忘れてしまい、取りに戻ると母ちゃんに怒られました。

「これは捨てなさい!」

 しばらくして、デパートに体力がなくなると離職。実家で商人としての修行にあけくれました。
修行の末、豪傑はチェーン店が幅を利かせているファースト・フードに殴り込みをかけます。
僕や親友の予想は「すぐ潰れる」でしたが、毎朝市場に材料を仕入れる修行でつちかった、値段のわりに質の良いものを見抜く目と、地元に根ざしたメニューの名前等から繁盛しました。
んで、しっかりバイトの娘っこと不倫するという。期待を裏切らないサイテーぶりです。
しかも、長らく同棲してきた入籍もした恋人と、結婚式の日程も決まっていたのに急遽別れるという。
これについて、誰しも「不倫してる娘っこの方がいいからだろ」と思いましたが、豪傑は腕組みして一言「アイツは商人の嫁には向かん!」。豪快というか、アホですね。
更に、調停の際に愛人宅へマイカーで乗り付けるとこを興信所に激写され、動かぬ証拠として提示されました。
結局、慰謝料たんまりと養育費を支払うはめになりました。

 豪傑は不倫しとった娘っこと早くも結婚し、新婚旅行に行きました。
で、そこで金髪ネーチャンと一発かましました。ここまでくると、サイテーどころか呆れちまいます。
更に、帰国して親友と海を眺めていたある日のこと。豪傑は言いました。
「また金髪ネーチャンとヤリてえなあ」
親友は「一体、こいつはどこまで天然なのか?」と戦慄を覚えたそーですが、豪傑は海に向かって叫びました。

「俺のチンポはグローバルだ!グローバル・チンポだ!」


 グローバル・ワイドになったのはええんですが、店は潰れ、学生時代の先輩が経営しとる会社に営業として就職しました。
これが薄給なうえ諸経費テメー持ちで、慰謝料やらを払うと手取りがほとんどねーという。
結局、カミさんの親類の紹介でタダ同然の賃貸に引っ越し、共働き。
そんなある日、カミさんの故郷からカミさんの親友が遊びにきました。
で、この親友、二十代の青年実業家(すごい胡散臭い商売ですね。)と付き合ってたんで、服装もバッグも高級品。
かたや大事な親友は節約生活で疲弊の色が見えます。
丁度、僕の親友が遊びにきていた日だったそーで、憤慨したカミさんの親友は、何故か僕の親友も豪傑共々正座させ「自分らとおない歳でも(金を)持っとるやつはおるんやで!情けなくならんか?」と説教したそーです。
僕の親友は「なんで俺まで」と理不尽に感じたそーですが、豪傑は悪びれた表情一つしてなかったっつー。

<豪傑は死んだ>
 数々の「そこでそれは無い!」な伝説を仲間内に残してきた豪傑でしたが、三年ほど前におかしくなり始めたという話を聞きました。
金縛りにかかったり、一瞬幻覚が見えたりと。また、悩み事を相談するタイプじゃなかったのに、色々と泣きが入ったことを言うよーになったと。
おそらく、ロックフェラー財団の創始者のよーに、血も涙もないことばっかしてきたくせに、晩年は後悔の念にかかれたのと同じく、今までのサイテーな行動や日々のストレスがついに豪傑の豪傑たるものを浸食しちまったんでしょー。
さっき電話しましたが、出ませんでした。
関連記事


コメント

  1. マッキー | URL | TMjHbz36

    まあまあ

    よくやりますよ…

  2. ハンク | URL | -

    Re: まあまあ

    > よくやりますよ…
    まあ、豪傑にはまだまだ伝説があるんですがね。
    同級生の母ちゃんに惚れたり色々(笑)

  3. インディアン | URL | JalddpaA

    引っ越しおめでとう?

    引っ越しされたんですね。引っ越しそばごちそうになります。あれ?私が振る舞うのか?
    この豪傑談、めっちゃ面白かったです。
    ハンクさんの話も聞きたいっすwv-78

  4. ハンク | URL | -

    Re: 引っ越しおめでとう?

    > 引っ越しされたんですね。
    どーもどーも。
    でも、好き勝手に書けるとこに戻っただけ。

    > この豪傑談、めっちゃ面白かったです。
    結構、抑えたんだけどなぁ。読む人によっては激怒するような、触れてないサイテー話もあるんで(笑)

    > ハンクさんの話も聞きたいっすwv-78
    仕方ないなあ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。