FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おぢさんのギター練習

2010年06月21日 11:51

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。
あー、そろそろ、禁煙に備えて食事の嗜好を変えたり、ジョギングの頻度を上げたりしよーと思ってます。
ええ、煙草吸わねーと太る体質なんで。
で、以前は仕事から帰ると5km、休日は10km走ってました。
んで、「最初は疲れるけど、ペース配分がしやすくて走った後に疲労が少ない走り方」を身につけました。(要は体全体を使って、無意識に腰を落として楽しちゃうのを防ぐ走り方。楽な姿勢で走ると腰や膝に負担がかかる。)
以前は「さて、軽く行ってくるか」だったのに、先日走ったら腹筋やハムストリングとかが筋肉痛になったっつー。有酸素運動じゃねーよっつー。情けない。
関係ねーですが、てか、ありますね、えー、食生活って二週間気合いを入れれば変えられます。
で、何で気合い入れるかっつーと、太りやすい食い物って、食うと多幸感を覚えるもんばっかだからです。
ラーメンとか揚げ物とかね、ケーキやファースト・フードとか諸々。
この多幸感の誘惑から逃げるのに二週間はかかるかな、と。煙草もそーです。二週間我慢できれば、不意に吸いたくなっても制御できますから。
でも、急な食生活の変化は危険です。ええ、三ヶ月で10kg落としましたが、菜食中心だったんで貧血おこしましたから。
あと、野菜の栄養素を効率よく吸収すんのに、脂質が必要っつーことも知らなかったんで。
まあ、嬉しかったですけどね。三十路過ぎてここまで痩せられるかっつー。
ただ、尻の脂肪が無くなって、風呂入ると痛ぇ痛ぇ。
ジーンズも、メンズだとオムツみてーになるんで、股上がキツめなメーカーのベルボトムや、レディースのを履いてましたから。

 お話変わってギター。
これもジョギングと同じです。さぼるとすぐ弾けなくなる。でも、練習すればある程度は弾けるよーになれるっつー。
えー、夏休みラスト三日に泣きながら宿題な僕ぁ、期限がねーと手抜きします。
が、期限があると死にものぐるいです。過剰なほど。
で、去年、キング・クリムゾンのRed、「太陽と戦慄Ⅰ&Ⅱ」等々を採譜してギターを練習したんですが、リズム感のねー僕でもやればできると思いました。
あと、テクニックじゃなく、Zoot Alluresを変則チューニングでコピった際、コード・ヴォイシングを「どー押さえれば次に移行しやすいか?」と試行錯誤したのも「やればできるもんだなぁ」と。
採譜しねーで耳コピしたのを指で覚えればええじゃんって話ですが、ギターとヴォーカル以外はいねーですから、バックのオケを作成すんのに採譜せなあかんかったんです。

 幼少期から英才教育を受けてるしとは、ポップ・ミュージックなら1回で分析、2回目で楽譜に起こせるしとが多いです。
18かそこらで「ギターも上達しそうにないし」っつー不純な理由で作曲・編曲を志した僕ぁ、指で拍子を数えて小節を譜割し、そこにギターやキーボードで所謂耳コピした音を入れてきます。特に、変拍子や拍子が一瞬変わる、パート毎に拍子が異なる曲はこれやんねーと途中で破綻しちゃいます。
ここらへんは、中学の頃、吹奏楽をやってたことが役に立ってます。
で、昔は「え?こんなバンドのまであんの?」っつーくれーバンド・スコアが発売されてましたが、今は大分減ったみてーです。
てかね、あれ採譜者によって「ここ違う」っつー間違い多いです。アドリブに間違いがあるのはともかく、テーマのギター・リフとか間違ってんのもありました。

 休日の朝から上記の方法で採譜なおぢさんです。
曲はライオットのThunder Steel。
プロっつっても全員楽譜が読めたり書けたりするわけじゃねーです。ついでにギター・ソロなんかも手癖で弾くしとも多いです。パターンがつかめりゃ楽なんですが、採譜泣かせな一人はリッチー・ブラックモア。
代表曲はギター弾き始めの頃スコア・ブック買ったりしましたが、マイナーな曲をコピーしよーとすると、独自のフレーズに泣かされます。しかも、このしとリズム感抜群なんだな。
「ここを五連符にして、十六分、次は七連符?いや三十二分音符に五連符?」と悩みます。
まあ、結局、テメーが得意な弾き回しでずるっこしたり、音だけ拾って原曲と一緒に弾くのが殆どですけど。
その点、おそらく譜割に沿ってギター・ソロを考えてると思われるライオットのマーク・リアリはいいしとです。
Thunder Steelのソロでイングヴェイ・マルムスティーンみてーなアルペジオが出てきますが、彼みてーに「五、七、七、判別不能」なもんじゃなく、十六分音符できっちり弾いてます。いや、イングヴェイもデビュー期はキッチリした譜割で、速さより瞬時のポジション・チェンジをしてもぶれないリズム感が魅力だったんですけど。

 便利な時代です。後からテメーで見て「ミ?ファ?どっち?」っつー字が汚ぇ僕ぁ、DAWソフトでキレイに表示されるのがありがたいです。
で、Thunder Steelのイントロは下記にアップした画像で間違いねーと思います。
出だしのグリッサンドや、ハマリング・オン、プリング・オフにあたるスラーやらは割愛で。
ただ、ギター二本じゃねーと迫力が薄れるんで、軽くディレイかけてインチキするのもありかな、と。
おぢさんな僕が一日二日でソロまで弾けるかっつーと無理な話ですが、この手の曲にしては難易度はそんな高くねーです。あと20BPM速かったら無理ですが。
話逸れますが、僕がギター下手くそなのは、ピッキングが強すぎるからだそーです。
以前、いただいたアドバイス。
「リッチーみたいに弾きたいか?なら、ピッキング強すぎやねん。指で弾いてんか?くらいの軽いタッチで弾かなあのニュアンスは出せんわ」。
多分、これ、ストラトキャスターを購入した際、弦高やらトレモロ・ユニットやらをハードロック向けじゃねー調整をしてくれた店のおっちゃんのせいです。
まあ、「個性が出るように調整したから」みてーに言ってくれましたが、あいにく僕ぁセンスがなく、個性っつっても負の面ばかりが出てしまうよーになっちまいましたが。
(クリックすると拡大されます。)
$Soul Kitchen(仮)

<Thunder Steel/RIOT>

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://soulkitchen03.blog130.fc2.com/tb.php/356-95a458f7
    この記事へのトラックバック



    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。