FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sin-Decade

2010年05月27日 20:41

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。
あー、また一つ歳をとってしまいました。嗚呼。
なんか、毎年「この十年を振り返る」な独りお誕生日ですが、今年は特別です。

 今から約十三年前。
僕ぁ、ジミ・ヘンドリクスやジム・モリソンに憧れて、アレで...アレだよ、アレ。ジョン・レノンとかシド・バレットも好きだったアレ。えー、脳みそがピクルスになりました。ピクルス。
当時、尊敬する羽田健太郎の真似して五線紙に向かって曲書いてましたが、それが出来なくなったという。
これ、今でもそーです。まあ、音楽聴くだけで気が狂いそうになるこたぁなくなりましたが。
んで、それを治療中、スコッチ飲みながらラムネ、あー、あのラムネだよ、えー、起きがけにラムネをかみ砕いてスコッチで飲み干すっつー怠惰な生活へと変遷しました。
んで、酒とラムネが無くなると「俺は、一体何をしてんだ?このまま焦燥感と抑鬱に苛まされる毎日がずっと続くんじゃないか?」と暴れ出したくなること度々。この間、二年以上。
誤魔化し誤魔化し出勤していた仕事以外、誰とも会わず。

 2001年3月。
もしかしたら、僕ぁ音楽の仕事に携わる人生を歩んでいたかも知れません。
でも、もう何年も前から気づいてますが、僕ぁそれで一生食えるよーな才能は無かったな、と。
んで、酒を買う金も無くなると、インスタント・コーヒーと煙草で飢えを誤魔化しながら本を読んだり、フリー・ジャズを聴くだけの毎日に変化が訪れました。
ラムネで記憶が吹っ飛んで、携帯電話をぶっ壊しちまいました。
流石に通信機器が何も無いのはマズイことくれーの判断能力はありました。

 機種変更した携帯電話にはインターネットに接続できる機能が搭載されておりまして、何気なしにモバイル向けHPサービス使って文章を書くことにしました。
んで、僕ぁ作家やライターさんになろうと思ったこともねーですから、文章なんてどー書けばええかわかりません。
結局、少ねぇ読書量から、最も読み返す回数が多かったチャールズ・ブコウスキーの真似をしてみることにしました。
んなわけで、僕のハンドル・ネームの「ハンク」は彼の愛称からいただいてます。
その後、書くことが面白くなり、当時はまだPCも高価だったんでプレイステーション2にキーボードをつないで長文を書くようになり、作・編曲を学んでいたころの手法や理論を文章にも応用しだしたりしました。
当時のネットはナローバンドがまだ主流でしたから、個人でサイトを管理しているしとも少なければ、妙な言論統制的なもんも皆無でした。
なので、現在の「どこが禁止ワードなの?なんで携帯からだけ閲覧できないの?」っつーアメブロの検閲もあり、自分でサイトを構築しても、携帯から読んでくださってる方(本当、「便所で糞しながら読んでます」という方もいれば「PCが使えないんで携帯から読んでます」という方が、知る限り何名か十年前からいることは知っていて、有り難いことだと思っている。)も閲覧できる仕組みにするのも考えてます。元々僕が携帯電話の機能を使ってネット世界に入っていきましたから。

 ブコウスキー=「書いて、呑んで、ヤる」っつーわけで、僕も毎晩泥酔して書きまくりました。
その文章で金が欲しいわけじゃない。とにかく書きたいっつー。
書くことによって精神的に安定してきた僕ぁ、酒とメタボ一直線の食生活をおくり、25歳の頃には十分メタボな腹になっちまいました。
ブコウスキーに憧れていた僕にとっちゃ「上等!」ってもんでしたが。

 一昨年、ジミ・ヘンドリクスみてーな服装をしてーと世迷い言をほざいたら、「あと10kg痩せないと似合わない」と言われ、一念発起して10kg痩せて女もんのエスニック・カットソーを着られるよーになりましたが、それ以外はなんにも為してねーです。
まさにSin-Decade。罪深き十年間っつーわけです。
こり、プリティ・メイズっつーメタル・バンドが結成十年を記念して発表したアルバム・タイトルです。「シンジケート」と「シン・ディケイド」をひっかけた造語だそーです。
ただ、賞を獲ったり、職業にできるよーな手法は敢えて身につけよーとは思いませんでしたが、小説や脚本の書き方を覚えましたし、「好きな奴は好きだろう」っつー展開のコラム/エッセイの書き方を自分で試行錯誤してきました。
あ、あと、唐沢俊一の「知ったかすんなよ、付け焼き刃なのはバレてんだ」みてーな検証サイトに僕が書いたフランク・ザッパの記事がリンクされてたことがあるんですが、その記事が書かれたブログのアカウントは消したんで、もっかい書きましょうかね?それか、言論統制のねーテメーで作るサイトで。
他、僕が文章を書くことによって、「いや、そんな褒められて恐縮っすよ」と思う方々とも知り合うことができました。
んなわけでございまして、今年で十年目突入。相変わらず、人生、落とし穴の次に落とし穴な日々ですが、今日は泥酔して誤字脱字上等、荒唐無稽なことを書いていた頃、「今日は気合いを入れて書くぞ」という夜に、儀式のごとくキーボード脇に安赤ワインを置いて呑みながら書いとります。
文章を書くことは、媒体が変わり、職業にならなくても死ぬまで続けるつもりです。

<Charles Bukowski - Style>
Style is the answer to everything.
A fresh way to approach a dull or dangerous thing.
To do a dull thing with style is preferable to doing a dangerous thing without style.
To do a dangerous thing with style, is what I call art.
Bullfighting can be an art.
Boxing can be an art.
Loving can be an art.
Opening a can of sardines can be an art.
Not many have style.
Not many can keep style.
I have seen dogs with more style than men.
Although not many dogs have style.
Cats have it with abundance.

When Hemingway put his brains to the wall with a shotgun, that was style.
For sometimes people give you style.
Joan of Arc had style.
John the Baptist.
Jesus.
Socrates.
Caesar.
Garci'a Lorca.
I have met men in jail with style.
I have met more men in jail with style than men out of jail.
Style is a difference, a way of doing, a way of being done.
Six herons standing quietly in a pool of water, or you, walking
out of the bathroom without seeing me.
関連記事


コメント

  1. デロリ | URL | 79D/WHSg

    1 ■おめでとうございます

    私が一番乗りでいいのかしらん。と悩みつつ。おめでとうございます。
    掛け算だったら答えが12になる歳ですね。

    記事読んでて、ブコウスキーの「死をポケットに入れて」にあった(たしか)
    愛用しているMacに猫がオシッコをひっかけたせいで修理にださなきゃいけなくなっちゃって、しょうがないから昔使っていたタイプライターをひっぱりだしてみたら無事に動いた。
    っていうような話を思い出しました。

  2. Eve | URL | 79D/WHSg

    2 ■おめでとう(^O^)/

    …とにかく
    おめでとうございます
    (*^▽^)/


    今回も
    すごく感慨深い内容
    でした

    (私が)真面目に読む
    ブログってハンクさんのと
    あと他数名なんですが

    その中でもハンクさんの
    文章は、いつも
    う~ん(´~`;)
    なるほどナ…と
    興味深く思ってマス
    (↑これホント)

    今後も更新
    楽しみにしてマス★*・

  3. ハンク | URL | 79D/WHSg

    3 ■Re:おめでとうございます

    さんくすさんくす。
    そーです、34歳になりますた!
    今朝は脚痙って目覚めるし、相変わらずツイてない人生だわ(笑

    そういえば、ブコウスキーって七十歳くらいからPC使ったんだっけか?
    てか、何気にあの人、総合数学とかにも詳しそうだったから、すぐ覚えちゃったんかね。

  4. ハンク | URL | 79D/WHSg

    4 ■Re:おめでとう(^O^)/

    ありがとうごぜえます。

    いや、東スポとかくだらないもん読む感じでええです(汗
    殆ど酔っぱらって書いてますんで、誤字脱字、文章の抜けとかしょっちゅう。ついでに気づいても滅多に校正しない怠け者(笑

  5. ギ装置R | URL | 79D/WHSg

    5 ■うお

    おめでとうございます ノシ

    何だろうねこの停滞感は。
    でもハンクは知り合った頃より、病んだ雰囲気無くなったよー。

  6. ハンク | URL | 79D/WHSg

    6 ■Re:うお

    さんくすさんくす。
    去年の話だが、女からオ○ホールをプレゼントされたのは武勇伝だな。
    確か、今年はハイエンドのTENGAをくれると言っていた気が...。

    >病んだ雰囲気無くなったよー。
    チミも飲んでも無茶苦茶なことしなくなったよー。

  7. ギ装置R | URL | 79D/WHSg

    7 ■。

    あげるよー!

    あれって、運送会社の人中身アバウトに判るんじゃないかなって、それが恥ずかしいんだけどね!

    >チミも飲んでも無茶苦茶なことしなくなったよー。
    そうだねー。
    なんか寂しいんですけど、もう駄目だ、無茶できない。酒は破壊力有り過ぎる...orz

  8. ハンク | URL | 79D/WHSg

    8 ■Re:。

    ひょぇ~、マジでくれんの?
    人生二回目の人工なんとか(笑

    >酒は破壊力有り過ぎる
    いや、俺も最近そう。
    翌日とかじゃなく、呑んでるとき。
    ギ装置Rみたいに長いつき合いだと安心して自分のペースで飲めるけど、緊張してピッチあげると何するかわからなくなってきたわ(汗

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soulkitchen03.blog130.fc2.com/tb.php/325-010f9a10
この記事へのトラックバック



QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。