FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーデルへの探求は終わらない

2010年01月26日 20:21

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。

Soul Kitchen(仮)-Focus3


あー、...な、なにが、ぬぅあにがおかしいんですか!

そうですか。そんなにおかしいんですか。全然おかしくないですよ。

Soul Kitchen(仮)


ね?おかしくないでしょ?...怖い?なにが怖いんですか!一生懸命演奏してるしとの顔が!



 最近はDVDで映画三昧ですが、趣味の一つはジョギングです。

ジョギングは楽しいです。走り出したら止まらない、3kmあたりの苦しさを超えると10kmくれー気持ちよく走れます。

元々過剰型人間の僕にぴったりな趣味です。

んで、最近、ヨーデルを身につけよーと色々調べたり実験してます。

きっかけはフォーカスの「悪魔の呪文」の強烈な映像
を見て「ガ、ガキの頃聴き流してた曲が、こんな風に演奏されてたのか!」と衝撃を受け、びた一文の得にもならねーことが大好きな僕は「ヨーデルを歌えるようになろう」と思いました。

これは、中学生の頃、ディープ・パープルの『カルフォルニア・ジャム1974』を観て「す、凄い。俺もこんなバンドやりたい」と高校の時にバンド組んだのに匹敵するインパクトです。

ふふ、ヨーデル歌えるよーになりゃ、きっとモテモテですね。



「ねえ、ヨーデル聴かせて」

「滅多に披露できるもんじゃねえんだ」

「どうしたら歌ってもらえるの?」

「イクときに歌うのさ」

「ホントに?じゃあ、してして!まぐわって!」

ナレーション:そうして二人は、お値段半額ムード二倍へと姿を消したのだった。



ふふ、ふふふふふ。



<何かが間違っています。何が?全てですよ。



 えー、ヨーデルの発声法についてはわかったんですが、どー練習するかです。

んで、ラテン中心にエスニック・ミュージックを歌ってるしとに聞きました。しかし、返ってきた答えは残酷なものでした。



「ホーミーは形にできたけど、ヨーデルはいくら練習してもダメだった」



ボサノヴァとか歌えるっつーのはシンガーとしてかなり高レベルだと思うんですが、そういった次元のしとでも無理だったと。

で、最初に「ヨーデル教えてください」と土下座したヴォイス・トレーナーのしとに改めて質問したら、「100人声の使い手がいたとして、これが正しいというものはないんですが」っつーのを前提に、練習方法を教えてくれました。



 僕ぁ、中学の頃、吹奏楽部でした。担当は金管楽器です。

なので、腹式呼吸と腹式で発声することができます。普段は森本レオ系と言われる変態ちっくな声ですが、地声は野太くてデカいんで喉で発声してます。「声が小さい」とかよく言われますけどね。

地声で話さない理由は、周囲に迷惑なのとキチガイじみた話題しか話さねーからです。あと、疲れるからですね。体脂肪は燃焼しねーですが、カロリー消費には有効かもしらんですが。

で、ヴォイス・トレーナー曰く「複式発声ができるなら、鍵盤楽器を使って最低音から徐々に音程を上げてください。一定のところでファルセットになるはずです。そこを繰り返して発声すると、更に高いファルセットが出せるようになります。これと地声をゆっくり交互に出してみてください」。

な、なるほど。何事も一日にして達人になれる奴ぁいねーというわけですね?

ただ、「理屈を知らなくても自己流であっさり発声できる体質の人もいます」とのことですが。

そーか、そーですか、楽器と同じで声も地道な努力が必要ってわけですね。

尊敬する作曲家の一人、故・羽田健太郎は、どーしても原曲のテンポで弾けねーピアノ曲があり、恩師に相談したことがあるそーです。

んで、返ってきた答えは「テンポを半分にして練習しなさい」っつーもんだったそーです。



 僕ぁ、ライブ版(BBCのスタジオ・ライブ音源。)のよーに、終盤のメンバー紹介を夢みます。

「ミューズィック・プログラミング、ハンク。オン・ギター、ハンク。ヨーデル...ハンキー・ドリイイィィ・ハァ~ンクレリホォ~!!

しかし、1972年の映像観ると、ギターとドラムがヨーデルのとこで笑ってますね。なにがおかしいんですか!と。

おそらく、ハードロック調の曲にヨーデルを含むっつー発想は、フルート兼オルガン兼ヨーデルのテイス・バン・レールのもんなんでしょー。んで、それがヒットしちゃったと。

笑いつつ、現在ソロでやってるギターのヤン・アッカーマンもライブで必ず「悪魔の呪文」演奏してるみてーですね。因みに、ヤン・アッカーマンが弾いてる「悪魔の呪文」のギター・ソロは手癖的なもんが殆どねーです。耳コピして気付いたんですが、きっちり小節に収まる整合性のある練られたもんです。ヨーデルも難しいですが、ギターも難しいですね。

折角なんで、テイス・バン・レールが顔芸やる前の映像も見てみましょー。



悪魔の呪文/Focus(Live1972)



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://soulkitchen03.blog130.fc2.com/tb.php/248-5371bc58
    この記事へのトラックバック



    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。