FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在りし日の函館を見た

2010年01月16日 20:34

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。



あー、「日本でTV放映した際の吹き替えが収録されてるのはコレだけ」っつーんで、レンタルで済まそうと思ってた『少林寺三十六房』のコレクターズ・エディションを買っちまいました。



2007年に限定生産されたもんでして、公開当時のチラシやらサントラCDやらも含まれた、トラッシュ・ムービーにむらむらする僕にはたまらんもんです。



僕、一時期ラス・メイヤー(注)が監督したお色気映画の、グラビア・ブックレット付きサントラCD集めてたことありますから。



フツーのしとならスカムなんですが、てか、だからなのか、大手の店じゃ彼の作品はレンタルされてねーです。



買うしかない。しかも、廃盤になったらいつ再発するかわからんっつー。







 お話変わって、映画の見方が斜め上の方向にいっちゃてる僕ぁ、些細なことで「これ借りよう」とレンタル屋で思います。



先日借りたのは高倉健主演の『夜叉』とその隣に陳列されてた『居酒屋兆治』です。



前者はビートたけしが出演しているから、後者は「100万ドルの夜景」と呼ばれて景気が良かった頃の故郷である函館を舞台にしとるからです。



で、なんで「ビートたけしが出演してるから」っつー理由だけで借りたかっつーと、公開された1985年当時のビートたけしは色々と脂がのってた時期だと思っとるからです。



んで、見てみたら、予想以上にハマってました。



顔や体付き、甲高い声から役(シャブの売人で自身もシャブ中のヒモ。)にぴったりっつーのもあるんですが、貧困や差別を目の当たりにしたり体験してきたからか演技もドンピシャなんですね。



更にたまげたのは、ビートたけしが刃物持って漁村を「テメ、コラ、ぶっ殺すぞ!」と情婦を追いかけ回すシーンでして、これが他の俳優さんを食っちゃってる鬼気迫るもんで、カメラもビートたけしをアップにしねーで遠目に上から構えて臨場感醸し出してんですよ。



「このシーン、いいなぁ」と。いい演技してたらそれを近くで見せようと思うんじゃないかと素人の僕は思うんですが、職人さんはすげーな、と。ここだけリピート。



「ここだけリピート」は僕の偏向的な映画の見方からくるもんです。



コズミックメイトのミックから教えられて、改めて見たら「ここだけリピート」になった、『ロボコップ』のラスト、元同僚「(主人公のことをすっかり忘れて)君、名前は?」主人公「(うぃん!)マーフィー...」。



もうね、ここだけリピートですよ。ヤバさ満点です。



他、『地獄の黙示録』のタイトル後から鏡に殴りかかって流血するシーンとかですね。







 映画を進んで見ねー僕からすると、最近の役者さんは全然わかりません。



でも『居酒屋兆治』は知ってる大物俳優さんてんこもりでした。大原麗子がヒロインですし。



ただ、脚本がイマイチかと。なーんかメロメロメロンなメロドラマちっくでして、折角いい俳優さんが揃ってんですから、もう少し伏線引いてメリハリつけてもええんじゃないかと感じました。



高倉健が営む居酒屋は函館市末広町にある設定です。



んで、地理的に買い出しに行ってた市場は、近場の自由市じゃねーかと。



他、金森倉庫やら当時の函館観光名所が登場しますが、ほとんどが今じゃもーねーんですよね。



Soul Kitchen(仮)-金森倉庫






自由市も全焼して新しくなりましたし、駅前の飲み屋横丁も火事でなくなっちまいました。自由市と同じく復興しましたが以前のよーな風情はねーです。



てか、函館駅前周辺が景気が悪く、僕がガキん頃の面影がねーですけどね。なので、活気があった頃の函館を映像で見られるってええなぁ、と。



昔、サブカル系の雑誌で、ちょんの間が存在する都市の一つに函館が挙げられてましたが、今はもうねーです。



100万ドルの夜景だって、今じゃ辛気臭い地方都市の夜景になっちまいました。



あ、でも、潰れたマニヤックな喫茶店の後に、手打ちうどんを売りにしたバーがオープンしてましたね。行ってみてーんですが開店が夜遅いんで行けそーにねーんですが。(函館出身とはいえ、俺の実家は函館市内から車で一時間ほどの、ドドドド田舎。)



しかしなぁ、二十年前の函館っつったら、駅前と五稜郭だったんですが、今じゃ当時空き地だったよーなとこにショッピング・モールができてそこが潤ってるよーで。







(注)ラス・メイヤー:ナチュラルな巨乳女優を抜擢した映画で一時代を築いた。所謂トラッシュ・ムービーだが『ファスター・プッシーキャット キル!キル!』等のグラマラスな女優を主役にした作品のテイストは、類似した作風の監督の作品でも感触が異なる。
関連記事


コメント

  1. KYON | URL | 79D/WHSg

    1 ■無題

    こんばんは。お初デス♪
    なかなか渋い映画観てますね~(笑)
    ハンクさんは函館出身でしたか。来週、仕事で函館行きます☆ 時間があったら、ブログの観光地をぷらぷら歩いてみようかな~(*^-^*)

  2. tangtang | URL | 79D/WHSg

    2 ■この機会ってどんな機会だ

    って台詞なかったっけ? 夜叉。
    北海道いきたいなあ…
    最近、なにかと縁があるし。

    てか映画みてるね、なにげに(笑)
    僕はSTAR WARSみてるなう、ですw

  3. ハンク | URL | 79D/WHSg

    3 ■Re:無題

    >KYONさん
    やあやあ、いらっしゃい!

    >なかなか渋い映画観てますね~(笑)
    『ロボコップ』?(笑

    >函館出身でしたか。
    『海猫』の舞台です。はい。

    もし、海産物を買うなら、駅前から路面電車沿いだと10分くらい、昔キャバレーがあったりポン引きがたむろしてたエリアを歩くと5分くらいで行ける自由市で買いなされ。
    駅前の市場と違って人情がある。方言使えればなお可。
    「(鮪をさして)これ、いぐらさ?」
    「八千円」
    「いい値段だえな。なんぽかまけられねぇがの?」
    「んー...」
    「このイナダも欲しいんだけどな」
    「よし、兄さん、七千円でいい!」
    とか粋です。
    あと、欲しい品物を訪ねると「あっこの店がいい」と教えてくれたり、品物が悪いと「こんたらもん売れねぇ。飾りだ」と正直。セコく交渉しなくても五千円位の買い物でオマケしてくれます。
    食堂も駅前より良心的。

  4. ハンク | URL | 79D/WHSg

    4 ■Re:この機会ってどんな機会だ

    >tangtang
    いやー、浅ましい性格だから「一作100円」ってのが(汗
    『ベン・ハー』とか、昔観たやつも「100円ならいいかぁ」みたいな。
    てか、近所のTSUTAYAには『スター・ウォーズ』のオリジナル・シリーズが無い!一作目が観たいのに...。

    で、以前から気になってたんだけど、「なう」って面白いの?もう、オホーツク老人状態なんで(笑
    タンタンにフォローされてるから、ちょっとやってみようかな。

  5. tangtang | URL | 79D/WHSg

    5 ■じつは…

    あれ、twitterなの、僕の場合。
    twit2mixiってのがあって
    twitterにポストするとmixiボイスとアメーバなうにも
    投稿してくれちゃう。

     「アメーバなう」はまだ、
    発展途上じゃないかな~ 基盤が粗そうだもの。
    ぼくもお試し期間中な感じです(笑)

  6. ハンク | URL | 79D/WHSg

    6 ■Re:じつは…

    >tangtang
    twitterのバッタもんってのは知ってたんだけど、twitter自体オホーツク老人状態なもんで(笑
    あと、俺は顔出ししたりプライベート探られてもやましいことないんで、Facebook(だっけ?)に興味あり。
    勿論、本名晒すんで、なんか作品とか発表しない限りはアカウント取らないつもりだけど。

  7. tangtang | URL | 79D/WHSg

    7 ■facebook

    注意点は二つですね。本名はいいけど生年月日とかはやめたほうがいいです。そのへんダダ漏れ。アメーバ程じゃないけどw 高機能のオープンソースだからなのか裏道ありすぎ。
    あっちはハック仕掛ける奴のスキルがパネェから。

    あと、圧倒的に英語w 一応、アカウントもってるけど。ほとんど使わない。てか無理w
    tumblr twitter で英語覚えたら使おうと思うけど。

    アメーバなう。はiPhoneアプリでポストも出来ないし、閲覧も出来ないの。携帯からだとやりやすいんじゃまいか?

  8. ハンク | URL | 79D/WHSg

    8 ■Re:facebook

    >tangtang
    ナレーション
    「漁師達が置いていった古雑誌も、老人の目には遠かった。彼の孤独を紛らわしてくれるものは、ポルノだった」
    いやー、ネット関係の進歩に「僕、オホーツク老人」Againだわ。
    今は亡きweb2.0(笑)から本当の過渡期に来たかな、と。ちょっと静観です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soulkitchen03.blog130.fc2.com/tb.php/243-3ee13a3b
この記事へのトラックバック



QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。