FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もの書きの視点で映画を見てみる

2009年12月28日 21:09

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。

あー、スカパー!とかも含めて年間300作以上、映画見るしとと話ました。

んで、僕が好きな作品の傾向や、思い入れのあるシーン、楽しみ方について「そういうのを映画を見てるって言うんですよ」と。「しかし見所がイカレてますね」と付け加えられましたが。

更に「映画が好きとか言ってる人って実はそうじゃないんです。話題作や評価の高い作品を見て、良かったとかっていうのは違うと思うんです」と。

「楽しみ方は色々あります。僕のような素人の楽しみ方、映画人の楽しみ方、ハンクさんみたいに斜め上の楽しみ方。でも、楽しんでることに変わりはないんです」。

僕ぁ、てっきり映画にゃ縁遠い感性だと思ってたんですが、こう知的な口調で説明されると「なるほどねぇ」と感じました。



 DVD黎明期は単に「デジタルだから劣化しないよん」みてーなオーサリングのもんばっかでしたが、Blu-rayの登場やらで、DVD化された作品が再発されると、副音声でスタッフの解説やインタビュー映像が特典として付くよーになりました。

以前の記事に書きましたが、DVD化された『スカーフェイス』にスタッフと主演のアル・パチーノのインタビューが収録されてて「ああ、そうだったんだ」と色々感心しました。

まあ、こーゆーので作品に偏見を持っちゃう可能性もあるんで全面的に支持できませんが。特に初見の作品ですね。小説の解説やあとがきと同じで本編前にそっちを先に見たくなる可能性だってありますから。



 近所のTSUTAYAが、現在、旧作三作以上で一作100円キャンペーンやってるんで物色してきました。

借りたのは、ガキの頃に見た作品ばっかですが。

『ゴッド・ファーザー』とか『未来世紀ブラジル』とかです。(イカレた組み合わせだ。)

んで、TVで飽きるほど見た『ロッキー』が特典付きの特別版としてリイシューされてまして、それと一緒に『ロッキー・ザ・ファイナル』も借りました。

『ロッキー』は二作目まではいいんですが、それ以降は他の映画と同じで劣化していく金太郎飴です。

ただ、『ロッキー・ザ・ファイナル』に関しては、金太郎飴じゃなく、妻を亡くし、息子とも別居して老いたロッキー・バルボアの生活と過去を振り返る内容っつーんで楽しみにして見ました。



 僕、文章に関しては技術的なもんはねーですが、脚本の書き方とかある程度知ってます。

なので、映像よりも脚本に意識が向くんですね。現場じゃ脚本家が書いたもんに美術さんとかが色々書き足すと思いますけど。

『ロッキー』は極貧でポルノ男優で生活してたシルベスター・スタローンが一念発起して書き上げた脚本で主役も演じまして、単純明快ながらハングリーさからくる脚本の良さがあって、いい映画だと思います。

んで、それが高じてスタローンの作品はガキの頃、色々見ましたが、『ロッキー』と『ランボー』以外は単純にツマらんと思いました。コメディもんとか酷いもんですよ。

こーゆーのが映画をすすんで見なくなった理由の一つじゃねーですかね。

『ロッキー・ザ・ファイナル』は脚本、スタローンの演技ともに素晴らしいです。中盤までは。

ネタバレになっちゃいますが、五十代でプロ・ボクサーのライセンスを獲得するためにコミッショナーと交渉(日本と違って年齢制限が無い。)するあたりから「もしや、またか」と思いましたが、やっぱりそーで、「最後は金太郎飴なのね」と。

いや、あと二十分時間が長けりゃよかったんですが、後半端折り過ぎですね。折角の中盤までが半分台無しです。観客にマイク・タイソンがいるのも作品とのリンクを狙ったんでしょーが蛇足みてーで。

なんでも、『ランボー』も最終作を制作中だとかで、何気に楽しみなんですがねぇ。
関連記事


コメント

  1. べろべろデロリ | URL | 79D/WHSg

    1 ■無題

    スタローンはロジャー・コーマンという映画監督に見いだされ、人一人轢くと点数が入る、という車レースゲームに出たのがきっかけでデビューしたそうですね。
    (タイトルは忘れたけど、アメリカでカルトな人気の映画)


    ハンクさんは、石井輝男監督の映画(『網走番外地』と『直撃地獄拳 大逆転』の監督)が好きなんだと思います。
    私は同氏の江戸川乱歩ものを二つ観ましたが(恐怖奇形人間と盲獣VS一寸法師)、どちらも不必要にエロくてケレンミあってじめじめドロドロしてて面白かったですよ。


    あと同じノリだと深作欣二の黒蜥蜴も良かったです。
    三島由紀夫と美輪昭宏(スタッフロールなんか三輪さんのPV状態)がいい味だしてました。主役ではないのに。

  2. デロリ | URL | 79D/WHSg

    2 ■無題

    間違えました。
    人一人轢くと点数が入るレースゲーム
    ではなく
    轢くと点数が入るレースゲームの映画
    です。


    タイトルは「デス・ゲーム」

    詳しい説明は
    http://www5b.biglobe.ne.jp/~madison/worst/sf/deathrace.html



    不謹慎系がイヤンでなければ平気そう。
    ハンクさんとはいねけん飲みながら観たいですがかもしれません。

  3. ハンク | URL | 79D/WHSg

    3 ■Re:無題

    >デロリ
    ロジャー・コーマン門下にはブコウスキーが脚本書いた『バー・フライ』を監督したバーベット・シュローダーもいるよ。
    バーベット・シュローダーの活躍(?)はブコウスキーの「パンク、ハリウッドを行く」で読める。

    石井輝男は当時としてはかなり海外の作品観てたんじゃないかなぁ、と。
    「あ、これどっかで見たことある!」っていうシーンが結構あったし。
    ただ、真似っこじゃなく、キャストを活かすのが上手いとおもった。
    高倉健って、演技を誰かに師事したことがないのがコンプレックスなのに、そういう俳優を主役にして大御所や当時新鋭の俳優を脇役にするキャスティングで面白く見せるって凄いと思った。

  4. デロリ | URL | 79D/WHSg

    4 ■無題

    今、リンクを貼った(?)先を読み返してみたんですが、スタローンのデビュー作ってわけじゃないみたいですね。ごめんなさいー。

    石井輝男のキャスティングは確かにすごいと思います。
    いくら乱歩物だからって、怪人役に暗黒舞踏の人とかミゼットプロレスの人を起用しよう!!と普通は思ってもやらなそう。
    あと、そういう人々を配して周りが浮かない(なじんでいる)という点もすごいと思います。

  5. ハンク | URL | 79D/WHSg

    5 ■Re:無題

    >デロリ
    『網走番外地』は一作目は白黒で原作に近いシリアスなもんだけど、三作目あたりから「うはは!」なダイナミックさと「あ、これなんて映画だっけ?」ってオマージュ的シーンが結構出てきてハマった。てかハマってる(笑
    で、石井輝男って『ゲンセンカン主人』の監督なんね。
    それ知ってればもっと早く『網走番外地』見てたわ。
    なんだろ、『網走番外地』はヒットしたそうだけど、非商業主義的な香りがする監督よね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soulkitchen03.blog130.fc2.com/tb.php/234-180811ef
この記事へのトラックバック



QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。