FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりケンドー・カシン好きだなぁ

2009年10月26日 10:10

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。

あー、回を重ねるごとにヤバくなってきてる総合格闘技イベントDREAM。

海外のマイナー団体とかから良い選手連れてきたりしてんですけど、二試合くらい参戦すると他団体に参戦するよーになって、DREAMの参戦予定に挙げられても結局参戦しねーこと度々。

ゲガール・ムサシとか、もう日本で見られねーよーな気がします。前回の大会で負傷欠場し、ボブ・サップが敗者復活で参戦してましたが、巷で噂されてる「視聴率とれるサップに変えろ」と放映する側が圧力かけたとか「ギャラ未払いとかで愛想尽かされた」が真実味を帯びてきました。

半分前進イベントにあたるPRIDEの頃は逆に名が知れてくると金にもの言わせて横取りしてたもんですが。



 今回もリングじゃなくケージを実験的に使った興行でしたが、目玉になるカードがねーっつー。

メルヴィン・マヌーフとパウロ・フィリョが欠場したのは痛かったですね。てか、フィリョはガチで行方不明って心配です。また鬱病を再発したんでしょーか。

それでも見ちゃうのが格闘技ファンの悲しい性質です。落ちぶれても好きだったバンドのアルバム買っちゃうよーに。



 対戦相手の底がわからんのでベスト・バウトっつーよりベスト・ファイターは、マリウス・ザロムスキーですね。

ウェルター・グランプリで「なんだ、今の動き?」っつー、音楽で言うと変拍子かつ唐突に曲展開が変わるよーな戦い方で度肝を抜かれましたが、今回も戦法変えてなかったですねぇ。

左ハイ・キックでダウンさせてからパウンドを叩きつけてましたが、ハイ・キック自体はオーソドックスな軌道だと思いますし、パウンドもそんな精度が高くない印象(拳が当たらず勢いで腕が当たっていた。)なんですが、あーゆーリズムで試合する選手はちょっと初めてですね。

あと、マヌーフの代打で桜庭が参戦しましたが、主催者側も、手数が多くて動きが速い選手と当てると危険なのはわかってるはずなのに、なんであのカード組んだかな、と。

相変わらず桜庭、殴られすぎです。決定打になりえないもんでも「あ、意識とんだな、今」って場面ありましたから。

ただ、テイクダウンの取り方と足関節から膝へ移行する戦法は、往年の頭脳プレイを思い出させましたが。てか、試合後のインタビューでガレシックが、足関極まってたのタップしなかったら膝を極められて、それでも我慢してたら折れたっつってましたね。ガレシックも選手生命縮めるよーなことせんでも。



 今回、一番楽しみにしてたのがケンドー・カシンこと石澤常光と柴田勝頼の煽りVTRでした。それもどーよと思いますが。

個人的に、永田克彦の試合前に流れる「兄・永田裕志と新日本プロレスの道場でシュールな会話」シリーズを期待してたんですが。結構真面目な内容でしたね。

でも、久しぶりにカシン節が出て嬉しかったですが。



柴田「金網デスマッチ。気分は金網デスマッチ」

カシン「落ち着け。まあ、落ち着け」

柴田「(一度目のハイアン・グレイシー戦で石澤が負けて)泣きましたね」

カシン「泣くな!いや、あの時は猪木さんに言われて(ここでカットされる)」

等々。



試合に関しては相変わらず急なオファーで、プロレスを主戦場にしてるんで期待してなかったですけど。

試合後のインタビューで「今回は試合まで余裕がありました。二週間練習できましたから」って、二週間だけかよ!っつー。

でも、ケンドー・カシンがブレイクしたときは痺れましたねぇ。柔術を取り入れたスタイルは当時異質でしたし、その後も似たスタイルで彼より巧い選手が出てきてねーですし。

飛びつきで立った相手に腕十字を極める、一連の動きが美しかったです。あれはプロレスだからできるもんで、総合格闘技じゃ無理みてーなことを言ってたしともいましたが、技術やらが進化した今じゃ、今成正和とかがやっちゃってますね。



 ケンドー・カシンの一番新しいプロレスでの試合は去年のカート・アングル戦だったと思いますが、アングルの対戦相手が来日できなくなり、急なオファーだったにも関わらずいい試合してました。脇腹がだぶついてたのは調整不足だったのか、体重差を埋めるために増量したのかわかりませんが。

あと、最近知ったんですが、永田裕志と組んで全日本プロレスでベルトを獲得したとき、揉めに揉めて永田はあっさりベルトを全日に返上したんですが、カシンだけ返上せず訴訟沙汰になりました。

その後の詳しい経緯を知らなかったんですが、なんでも、選手への給与が滞っており「フロントだけ保身にまわってんじゃねえよ。ちゃんと現場の奴らにも金払ってやれよ」と裏で揉めてたからみてーです。

てか、フロント批判をする選手はいますが、名指しで「金の亡者」とか痛烈に批判する選手は彼だけじゃねーですかね。だから全日もクビちょんぱになりましたが。

今回の試合後のインタビューでも「経営改革。プロレスも総合格闘技も経営の仕方を改めないと」みてーなこと言ってましたが、確かに低迷してる今のままなら女子プロレスみてーに終焉を迎えそーです。

アマレス出身だからか、均整のとれた体型を維持してますが、カシンも41歳なんすね。見てくれやプロレスでの動きから僕ん中じゃ今でも三十代だったんですが。

若手の発掘・育成を口にする選手は多いですが、見ている方向が相変わらずひねくれているっつーか理に適ってますね。「(頭を指さして)ここが違うんだよ、ここが」と言ってたのを思い出します。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://soulkitchen03.blog130.fc2.com/tb.php/183-1ba4d028
    この記事へのトラックバック



    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。