FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっとアレが!

2009年09月07日 13:17

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。
あー、毎日はかどらない野良作業で「暇みて飲む酒が僕の生きがい」です。
今日は実家の居間の絨毯の張り替えしました。
親父どんはまともに歩けねーですし、お袋どんも腰と膝を傷めてんで、家具の搬出・搬入から張り替えまで一人です。しんどいです、はい。
んで、古い絨毯をクッションに、大ハンマー振り回してヒョードルがやってたトレーニングしました。
んー、これは確かに体幹鍛えるのに有効ですね。あと一週間滞在できたら、効果が実感できるんじゃねーかと。

 お話変わりまして、実家には力道山のDVDがあります。
んで、驚いたことがありまして、デストロイヤーの身のこなしです。
いやね、猪木・馬場時代に姿を消した動きなんだと知りましたが、当時はマウント・ポジションやバック・マウント、更にはそこからの膝蹴りとか有りだったんですね。
んで、デストロイヤーのマウント・ポジションやサイドからのバック・マウントのとりかたが素早いわけです。
「これ、摂生した生活と近代的なトレーニングしてたらヘビー級の動きしねーぞ!」っつー。
いやー、当時のファンは気にならんかったでしょーが、タイガー・ジェット・シンがキャッチ・レスリングの巧者だったの知ったときより驚きです。
関連記事


コメント

  1. ショーグン“ニャホニャホ”ヤマザキ | URL | 79D/WHSg

    1 ■無題

    インテリジェント・センセーショナル・ザ・デストロイヤー。 たしかアマレスの全米チャンピオンだったような記憶があるなあ。あの体で仰向けに寝て体のバネだけでピョンと起き上がっていましたね。
    技術+異常とも言える体幹力。これじゃ強いはず(笑)。当時リアルファイトで対抗できるのはゴリラモンスーンくらいじゃなかったのではないでしょうか。

    あ、それとハンクさんが見たDVDでデストロイヤーの相手をしていたのはだれでしょうか。日本人レスラーだったら、それは子ども扱いだったろうなあ。

  2. ハンク | URL | 79D/WHSg

    2 ■Re:無題

    ありゃ、コメント投稿したはずなのに反映されてない。おかしいなぁ。

    試合は力道山18回目の世界タイトル防衛で、デストロイヤーとは二度目の対戦の映像です。
    当時の日本人は力道山の空手チョップが「いつ出るんだ?」と見てたでしょーが、今見ると、力道山の見所はヘッド・シザースの入りと極めにいかない足関をとりにいくとこくらいですね。
    デストロイヤーのあの動き、まさにバーリトゥードですね。バックマウントの取り方なんか、ブラジリアン柔術ですよ。ありゃ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soulkitchen03.blog130.fc2.com/tb.php/161-5a98bc05
この記事へのトラックバック



QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。