FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実験だ!

2009年06月17日 22:29

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。


あー、僕がガキん頃、実験棒っつーあだ名の奴がいました。


えー、小学生ながらに女子同級生を物陰に呼んでですね、





「実験だ!」





と、言いながら棒っきれでまんちょこをいぢいぢしたからですね、そー呼ばれておりました。てか、今でも呼ばれてますね。


大人の世界は「くっそー、コイツ、ぜってーガキの頃いじめられっ子でルサンチマンから他人に理不尽に厳しいんだろ!こ、こんな奴に説教される覚えはねー!」とか、「高級酒が飲みたいわけじゃないんだ、俺は偽物じゃなく本物のビールが飲みてえだけなんだ!」とスーパーのリカー・コーナーで怒りと悲しみに身震いしたりとか、色々大変です。


でも、勤務先の便所でうんこしよーが、レンタル屋のエロDVDコーナーを出たところを(しかも、とっても恥ずかしいマニヤなもんを抱えて。)知ってるしとに目撃されよーが、人の噂もなんとやらです。


が、子供の世界は学校の便所でうんこすりゃ包囲されたり空襲に遭った挙げ句「お昼休みはブリブリうんこ♪」とか歌われたり、どーでもえーよーなことをほぼ一生バカにされます。


どっちも大変ですね。





 先日、出させてもらうイベントについて、「別に無理ならええけど、最低限これくらい段取りしてくれると嬉しいなぁ」と主催するボンズにメールしました。





返事が来ねぇ。





てかね、今回に限ったことじゃねーですが、僕が高校生くれーの頃と比べると音楽やってる若いしとの感覚が変わったな、と。十年も世捨て人みてーな人生おくってりゃ、そらそっか、とも思いますが。リハーサルに遅れてきて挨拶と謝罪もなしで言い訳したりって信じられんですもん。


でもですね、僕ぁ思うわけですよ。





「オメエら、そんなにお偉いのか?」





と。





タレントだミューズィッシャンだと聞こえはえーですが、テメーの芸で金稼いでるしとを指して河原乞食と呼ぶこともあるのに、それ以前の時点で客や参加者を舐めくさったよーな、てか、「見て聴いてくれて当然」っつー無意識に根付いてるもんが許せねーんですよ。


大衆音楽の誕生とビジネス化の歴史について講義してやりてーくれーです。


とはいえ「お客様は神様です」っつーのもどーかと思いますが。





 あー、PAはいねー、リハは多分無いっつー時点で覚悟はしておりましたが、昔は隅っこでちまちまギター弾いてた僕が一人で全部やるっつー趣向の実験としてやろうかと思います。今回は。パフォーマーとしての。


えー、毎度のことですが、僕ぁ曲作るツールの一つとしてギターを弾いてるだけであって、ギタリストっつー自覚はねーです。


そんな僕がちょろちょろ周辺機材を買い集めてます。安物揃いですが。


んで、その機材はすんばらしいギターを弾くためじゃなく、ギターを玩具化するよーなもんです。いや、上手いしとが使えば立派な機材ですが、僕、ピンクローターをギターで弾くしとですから。ピンクローターでギターを弾くんじゃねーですよ。


最悪、Cubaseや諸々の音源で作ったオケ無しで、ギターとエフェクター・ケースだけ持ってセンズリしてやろーかと思ってます。


ミニマルっつーか、サイケっつーか、そっち方面ですね。てか、この前買ったディレイのTwistモードっつーので鳴る残響音がハルシノゲンでよく聴く(注)なんすけど。





 僕、一年くれー前から、ギターを多重録音した「永久機関式回転装置」っつー曲を考えてたんですが、誰でも思いつくよーなリフを繰り返して、そこに色んな変化をつけよーっつー結論に至りました。


僕ぁ鍵盤楽器はヴォイシングを考えるくれーしか弾けねーですし、シンセサイザーのいぢり方もわかんねーですから、ギターでそーゆーのやってもえーじゃないっつー。


一夜にして達人になる奴ぁいねーんで、「生でも頭で鳴ってる音をどこまで再現できるか?」っつー実験です。


お話変わりますが、去年は変則チューニングで弾いてたんで、レギュラーに戻した今が「十年以上ぶりに弾くギター」なんですが、ウォーミングアップにつま弾いてるのがゲイリー・ムーアのDirty Fingersだと思ってたらEnd Of The Worldだったことにランダム再生で音楽聴いてて今日気付きました。


三つ子の魂なんとやらじゃねーですが、十年以上前に左利きの僕が右利きのギターに慣れるのに練習してたもんを指が覚えてたのも驚きですが、久しぶりに聴いたらとんでもねーですね。こーゆー軸がぶれず力強い速弾きって無理ですね。てか、End Of The World収録の『大いなる野望』(現在の邦題は原題通り『コリドーズ・オブ・パワー』。スティーヴ・ハウのソロ作に『大いなる陰謀』なるものがあったと思うが、「淫棒」に思えて未聴。)に恋愛ソングが多いのが今聴いて不気味です。いや、しとを見かけで判断しちゃならんですが。








(注)曲がった音:何故「曲がった」と形容するのかはともかくとして、こんな音。


Mi-Loony-Um!/Hallucinogen
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://soulkitchen03.blog130.fc2.com/tb.php/132-d27e5e16
    この記事へのトラックバック



    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。