FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生日を呪ってもらいました。

2009年05月29日 11:13

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。

あー、33歳です。ぞろ目です。これを機にマンキー・ドリー・ハンクとか、タマキン・ドリル・ハンクに改名しようかと思ってます。いや、しませんが。

えー、元々僕ぁ自分が写真に写るのが嫌で嫌で、十代とかのは殆ど現存してねーです。あってもなんかの集合写真だけっつー。

今じゃカメラを向けられると「なんかしなきゃイカン!」とポーズや表情を作るよーになりました。

これというのもですね、カメラをやり始めたギ装置Rのせーです。ええ、ひどいもんです。

「手、そこ!いいか、そのまま数秒動くなよ。アタシはまだ初心者だから完全に静止してねーと上手く撮れねーんだ!

とむたくそ不自然なポーズで静止させられ続けたことで、いつしかシャッターが押されると思われる瞬間になると、「これならブレんべ」と瞬時に表情やらを変えて静止するよーになったのです。

オジー・オズボーンか、俺は?ってもんです。

関係ねーですが、ミューズィッシャン専門のカメラマンさんがあるインタビューで「ファインダーを覗くと実物より大きく見えたのはフレディ・マーキュリー。一番絵になる男はエアロスミスのジョー・ペリー」なんてことを語ってました。

特にジョー・ペリーは、気心知れてないと単なる男前にしか思えねーそーですが、信用されると、ひじょーにいい体勢で立ち、自然な感じでニコリとしてくるそーです。これが歴戦のカメラマンさんにとって「わかってんなぁ」と佇まいなんだそーです。

逆に「こいつ撮るの嫌」っつーのはボーイ・ジョージとイングヴェイ・マルムスティーンだそーです。

ボーイ・ジョージは少しでもコンプレックスであるアゴが目立つと激怒したそーです。カメラマンさん的に「今のが一番見栄えいいんだけどなぁ」と思うも、ボーイ・ジョージにとって逆の感覚だったよーです。

イングヴェイ・マルムスティーンは、頬にシャドウ塗りや極力細く見えるように光量も考えてあげてんのに、急に「フラッシュを焚け」と言いだし、逆効果であることを説明しても納得しねーという。本人は輪郭やぶよった頬が光で消し飛ぶと思ってたんでしょー。

流石にそのカメラマンさんは「アイツはバカだよ。だから思いっきり太って見えるように撮ってやったけどね。アイツは撮りたくないね」とアイツ呼ばわりしてた記憶があります。

てか、僕、イングヴェイがニキビ全開で何故かストラトキャスターじゃなくレスポール抱えて笑ってる、19歳の頃と思われるポスター持ってます。(多分、デビュー直前の宣材写真を伸ばしたもの。)

1984年に発表したソロ作『ライジング・フォース』のアナログ盤初回特典についてたんですね。あんな芋い写真に文句言わなかったのに、成功するとしどいもんですね。



 話が変な方に行きましたが、僕ぁガキの頃、ロック小僧にありがちに「27歳で死ぬ」もんだと思ってました。こりは、チャーリー・パーカーに始まる若死に伝説でして、同じこと考えてた奴は31980908381人じゃ済まねーと思います。

ちなみに僕の場合は、「落とし穴の次に落とし穴。生きてて楽しいことなんてあんまねーだろーから、そんくらいで死ぬのが丁度いいんじゃねえかなぁ」っつー想いが半分くらい占めてましたね。

んなわけで、27歳(もしかしたら26歳だったかも知れない。)の頃のわたくし。

Soul Kitchen(仮)


こりは、外飲みしよーとしたら大雨で、カラオケ屋で飲んだときのもんですね。

僕、ハゲ始めたのは25歳からなんですが、まだまだ髪の毛あった頃ですねぇ。

てか、去年、いつにも増して抜け毛が増えまして、母方の男は若禿遺伝子持ちなんでデヴィン・タウンゼンド状態を覚悟したもんですが、今は抜けるスピードが落ちました。ハゲの不思議です。

僕の記憶が正しければ、この日、僕がビールの後ワインを一本空け、ギ装置Rはワインを二本空けたと思います。二本って、なんなんすかね、このしと。

んで、その後、駐車場で腕立て伏せをやりだしたという。もの凄いスピードで。

僕ぁ、なんかとんでもないしとと友達になったんだと怖くなったもんです。

Soul Kitchen(仮)


どーです?やりかねない顔してるでしょ。おとろしい。

えー、それから約七年が経過し、僕、こんなんなりました。



Soul Kitchen(仮)


久々に休日に夏日ってことで、ジョギングするときの服装で代々木公園に現れました。

因みに、待ち合わせ場所にてギ装置Rが僕を見て一言。



「アンタ、怖いよ」



 えー、誕生日を呪ってくれるとのことで、素敵な誕生日プレゼントをいただきました。

まず、明らかに玉袋の色を意識したよーな稲荷寿司です。

ほいでこれです。

Soul Kitchen(仮)


マスターベータソン持久部門を世界新記録で二連覇したしとが取締役を務める、有名な使い捨てオナホですね。

僕ぁね、これ買うついでにローターも買ったと勘ぐってます。自分好みのローター見つけると、枕元にぶら下げて飾るコレクターですからね。

で、「やあやあ、ありがとう!」と受け取ろうとしたらですね、こうですよ。



「オイ、爬虫類のくせに胡座かいてんのおかしくねえか?」

「え、えーっ!ぼ、僕人間ですけど」

聞こえねえ聞こえねえ。ちょっとイグアナの真似してみろや」

「イ、イグアナの真似したら、これ貰えんですね?」

「おう、早くしろぉよ」



Soul Kitchen(仮)


33歳にもなってイグアナの物真似をさせられるとは。

特別な性癖が、澄ました顔して変態百鬼夜行なしとよかは少ない(と思ってる)僕なので、この歳になると「こんなんしてーなやりてーな」っつーのもネタ切れでして、オナホは未知の強豪です。

Soul Kitchen(仮)




 いつものことですが、途中で酒が足りなくなりました。

「オイ、ちょっと酒買ってこいよ。いいか、ちんたら歩いてんじゃねーぞ?ひとっ走り行ってこいや」

僕ぁ誕生日に酔っぱらったまま走らされるとは思いませんでした。ついでに上半身裸で。

巡回中のお巡りさんがいたんで、呼び止められたら「は、裸で何が悪いんですか!」と言おうと思ってたら、何も言われませんでした。やはりチンポの力ってすげーですね。殆ど裸なのにチンポ出してねーと注意すら受けねーという。



 ともあれ、33歳なんてーと、昔は、人生はどんどんつまらなくなるもんだと思ってましたが、色々とやりたいことが二十代の頃より増えてまして、万感の思いでございます。

音楽活動も色々考えてるとこですが、「ギターは弾けるが俺はギタリストじゃねー」っつー拘りがあってですね、ギター用の機材は十二年くらい買ったことがなかったんですが、多機能なディレイを購入しました。

ギターが巧くてPCとの連携やソフトの使い方にセンスがあるなら、Liveっつーまさにライブで威力を発揮するソフトもあるんですが、使うてるしとの動画とか見ると周辺機器も色々揃えてたり、何より演奏が正確なんで、豚に真珠だから買うの止めよーと思った次第です。
関連記事


コメント

  1. ギ装置R | URL | 79D/WHSg

    1 ■poppo

    お誕生日おめでとうございました★

    また私を鬼畜キャラにして書きやがりましたね!?
    ハンクにしかしてないんだって、あの「止まれ攻撃」は(笑)!
    普段はやらん。

    ボーイ・ジョージのコンプレックスは写真見てて解る気がする。多分清春とかも写真の撮られ方に拘りありそー。

    こないださー、全部壊れるまで使っちまったからピンローまとめて全部捨てたんだよ。
    来年はTENGAブラックシリーズを差し上げます。

  2. ショーグン | URL | 79D/WHSg

    2 ■お楽しみはこれからだ

    誕生日おめでとうございます。

    いいもん貰いましたね。
    これでD-1グ(ドッチが出ないか)ランプリやりましょう。

    おれは勝てる自信ある!(笑) 何しろカール・ゴッチが
    「お前のは二重陰茎だ」
    と驚嘆したくらいですから。絶対、極まらないんです。

    ……でもハンクさんの後に使うのかあ。やっぱりやめておこう。

  3. でろ | URL | 79D/WHSg

    3 ■半ズボンがお似合いだこと

    おめでとうでした(^w^)

    〉「落とし穴の次に落とし穴。生きてて楽しいことなんてあんまねーだろーから、そんくらいで死ぬのが丁度いいんじゃねえかなぁ」
    これ↑
    私もひっそりと思っていたです。なんか変な感じだわ。
    20代後半になると皆そんなこと考えるんですかね~。


    あ、あと私、ハンクさんが、寝込みを襲われた女子アナみたいな顔で写っている写真持ってますよ。
    その時一緒にいた友達にみせたら「ゲキシャ!って感じでエロい」と言われました。

    (確か、写真撮らせてください。と言ったらお逃げになったので不意打ちで撮った物。
    後悔はしてないけどあの時はスイマセンでした(>Σ<)

  4. じゃぱ | URL | 79D/WHSg

    4 ■燦々

    おめおめおめでじゅ~☆

    上から3枚目の代々木公園での写真は、

    ポーズとシチュエーションが何を目指している人なのかまったくわからないところが絶品。

    胸の張り具合も最高♪




  5. ハンク | URL | 79D/WHSg

    5 ■Re:poppo

    >また私を鬼畜キャラにして書きやがりましたね!?

    てかねー、27歳の頃の写真色々見て思い出しましたけどね、あの頃はある意味キチクですよ、キクチ。詳しくは書きませんが。フヒヒ...

    >ボーイ・ジョージのコンプレックス

    レディ・ガガはあの脚を誤魔化してねーのにのぉ。(でも、CDの裏ジャケとか加工されてそうだ。)
    Mステにレディ・ガガ出るそーだけど、あんまウケねーと思う。マドンナのベクトルよりプリンスのが近いと思うのに、日本はエロ美形で売ろうとしてるから。

    >全部壊れるまで使っちまった

    いくつ所持してたか知らんが、ハード・マンズリストだな!

    >来年はTENGAブラックシリーズを差し上げます。

    じゃあ、僕ぁ象が踏んでも壊れないローター差し上げます。

  6. ハンク | URL | 79D/WHSg

    6 ■Re:お楽しみはこれからだ

    >これでD-1

    これは僕も勝機ありますね。
    対オナホール戦はある意味、異種格性技戦だったんですが、素材がちょっと硬すぎて「気持ちいいけど極め(イケ)れない」っつー一戦でしたから。
    何しろ、ルー・テーズが「ミーが勝ったが、イノキとの一戦のようだった。とにかくしぶといんだ」と解説してましたから。
    因みにTENGAは使い捨てかつローションが垂れない何かを合成してる気がしたんで、衛生面で開催に問題はありません。
    てか、これのブラック・シリーズは更にハードな素材らしく、ヒョードルの額のよーにカットしやすい僕ぁTKO負けするかもですが。

  7. ハンク | URL | 79D/WHSg

    7 ■Re:半ズボンがお似合いだこと

    >20代後半になると

    ありゃ23の頃かなぁ、25かなぁ。忘れたけど、コンタクト・レンズや眼鏡どころか、まともに食う金も無くて、泥酔して寝ようとしたら「これからこんな毎日が続く」っつー強迫観念てか恐怖におそわれたことがあって、自己セラピーじゃないけど、そこらへんから文章を書き始めた記憶がある。巧拙じゃなく、とにかく書け書けっつー。
    世間様に合わせられる感覚があれば、結婚だ子供だ家建てるとか楽しみが続くんだろうけど、ガキん頃から「周りと違うんじゃねーか?」と思い、社会に放り出されてからは「ああ、やっぱり。バカにされながら生きてくんだろうなぁ」と思った。
    そこで開き直れるかどーかがダメな人として大事なラインだと思うけどねー(笑

  8. ハンク | URL | 79D/WHSg

    8 ■Re:燦々

    >上から3枚目の代々木公園での写真

    これは、立ち位置、角度等々をギ装置Rに指示されて撮ったもんです(笑
    彼女曰く「服の(カラー・コーディネート)センスが外人みたいなんだけど」とのことで、んなアホな、と思ってたら、今日、仕事帰りに「あ、俺と同じよーな色合い」と思ったコンビがいまして、よく見たらアングロサクソンでした。うーむ。
    ちょっとホモホモしい二人でして、何気に「ジョグの時はヒップ・ホールに気をつけよう」と思いましたね。ええ。

  9. ギ装置R | URL | 79D/WHSg

    9 ■peppe

    レディガガの脚はあれ、結構エロくてフェティシズムを刺激すると思うよ!

    エロ美形か~あ。ベクトルは絶対マドンナよりプリンス寄りだよねー。
    マドンナは(セルフもそれ以外も)プロデュースするごとに1回1回モチーフを使って別人になるような感じだけど、そういうタイプに見えないし。

    うんハードマンズリストなんだけど粘膜弱いから精神統一でハードな回数こなせるよう訓練中。
    目指せハードメンタルマンズリスト。

    >象が踏んでも壊れない
    ローター動いてるのに私だけ死ぬじゃん!

    あ、ていうか次の記事の最後は気概が有って良いと思いました。

  10. ハンク | URL | 79D/WHSg

    10 ■Re:peppe

    >結構エロくてフェティシズムを刺激すると思うよ!

    ベティ・ペイジに通じるもんがあるわな。
    ディータもファッションとか被るんだけど、ベティの愛くるしくて脚むちが醸し出す、大味なエロとは違うんだよな。
    俺、金持ちの息子だったらヴィンテージ&B、C級エロのコレクター兼評論家になってたと思うくらい、語らせると長い...んだけど、通じる人と会ったことないという。

    >次の記事の最後は気概が有って

    「歩出夏門行」っつー漢詩の超訳だな。
    俺の記憶が正しければ、夏に遠征に出るけど、目的地に着く頃にはそこは真冬。殆ど生きて還れる見込みはないけど、自暴自棄にならなきゃ大丈夫さ、みたいに仲間を鼓舞した曹操孟徳の代表作。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soulkitchen03.blog130.fc2.com/tb.php/123-83d016ff
この記事へのトラックバック



QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。