FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レディ・ガガの『Born This Way』を聴いたらアホになりたくなった。

2011年05月28日 21:21

 こんつは、ハンキー・ドリー・ハンクです。
あー、世相も私生活も勘ぐりア宮殿な日常です。
私生活は置いといて、世の中、冗談抜きで「テメーで考えられる頭が頼りだ」と痛感しとります。
事細かく書いても「頭おかしい奴だから、しゃーねえよな」と思われるでしょーが、僕ぁ、仲間割れに見えて裏で握手しとるだろー偉いしと達の発言やらはモンティ・パイソンのコント、「フリーメイソンの見分け方」とほぼ同じだと思ってます。
で、もしかしたら白血病やらを発症するかもしれねー経済力のねー僕ぁ、友人に「おい、オマエんとこで今度認可されるMDS(骨髄異形性症候群。俺の親父が七年戦い続けた病気。)の新薬な、ソッコーで処方してくれよな」とか耳打ちしてます。
まあ、亡くなってから親父がどんだけ苦しんで、もしかしたら俺も同じ思いをするかもしれねーと覚悟が決まったんで半分冗談ですけど、医療関係のしとには頑張ってほしーです。
(MDSや不良性貧血は高齢者が多く発症するそうだが多くは原因不明と診断される。慧眼ある医師は「原爆投下後、広島か長崎に住んでいたことは?」と聞くようだ。)
僕が危惧しとるのは、世論が「絶対許さん!」と思っとるのを利用して煽動する輩もです。

 先日、俳優っつーか、ゲーノー人が「このままじゃ日本崩壊!」なんてメディアを通して発信して「出演予定のドラマを干されました」とか「引き留められたけど事務所辞めました」なんて発信しとりました。
すげー勘ぐってます。
そのしとをじゃなく、その背後に存在するであろーもんに。
こり、派遣村のときから思うよーになりました。(既に忘れられているだろうが、代表者やらの過去を調べてみるといい。)
一見「うおぉぉ!俺ら弱者のために立ち上がった人がいるぞ!」と勇気づけられますが、僕ぁ冷静に傍観していてーと思います。
だって、なんの経歴もねー奴がライズ・アップするならともかく、露出は少なくともメディアを通して多くのしとが目につくよーに発信してんすから。それも、色んな媒体使って注目集まるよーに。

胡散臭ぇんだよ。

先日、クィーンズライクの『オペレーション:マインドクライム』について触れ、「世の中を変える動きと組織があると思ってたら逆に混迷を招く輩に洗脳されてた」っつーストーリーを紹介しました。
具体的に書くのもアホなんで、遠回しに書いた次第ですが。
「じゃあ、なんでTVやネットで情報収集してんですか?」って話ですが、メディアの持つ力と長短を見極めろってことですね。

 個々人の思考と判断からお話変わって、レディ・ガガの新作を聴きました。
ライブで披露してたYou & Iとか、も少しエレクトロニカから離れた作風になると思ってたんですが、ベタベタの1980年代大衆音楽の黄金期サウンドですね。
でも、音作りがスケール・アップしてて「巧いなぁ」と思いました。
でね、「今でも聴ける1980年代サウンド」に触れて、僕がガキの頃だった1980年代のノーテンキでアホな時代を懐かしむのです。
1970年代ブームの頃、1980年代は軽薄で、1990年代は陰鬱っつー印象がありましたが、今になってみりゃ「あの脳みそが金玉とまんこにある時代が再来しないだろうか?」と思います。
冒頭みてーな勘ぐりア宮殿な毎日と、荒んでいく心がそーさせるんでしょーが。
で、1980年代に発表されて中学の頃聴きまくった曲のPVを色々観てんですが、アホです。
片言の日本語で「ダサイ、トテモ、ダサィ」と言いたくなります。
が、「これが格好よかったんだもんなぁ」と思うと脳みそを金玉に移植したくなるわけです。
まあ、僕の優しさは玉袋に詰まってますから、移植は難しくねーと思いますが。

 んー、まず最初はボン・ジョヴィのBad Medicineですね。
個人的に最高傑作かつアリーナ・ロックの功罪になった『ニュージャージー』収録です。
次はアリス・クーパーのPoisonです。
1980年代の売れっ子らが全曲に参加しつつ『トラッシュ』と命名したアルバムの一曲目です。
現在は手に入りませんが、僕が持っとる国内盤によると、彼はアルコール依存症の治療で引退状態でしたが「時は来た!...それだけだ」と思っとったそーです。
カムバックしたのは『13日の金曜日~ジェイソンは生きていた~』の主題歌からですが、一旦は完結したホラー映画の主題歌のオファーに「俺もカムバックしようじゃないか」と体力やらを以前のよーに戻そーと鍛錬したそーです。(この主題歌は、アリス・クーパーが本来持っている美声を前面に出しており、言われないと誰が歌っているかわからない。)
で、カムバックして二作は中庸なアルバムでしたが、『トラッシュ』で錦蛇やらの小道具やメイクを落として制作したら大ヒットしたっつー。
ただ、ボン・ジョヴィやらと同じくPVが一番カッチョ悪いんすよね。
でも、この曲は今でもアンコール・タイムのハイライトになってますから。
んなわけで、アホな時代に現実逃避しましょー。

<Bad Medicine/BON JOVI>



<Poison/ALICE COOPER>


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ



QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。